テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年11月号

イベントレポート (他の号の記事)

民放連井上会長のスピーチは、ほぼオムニマーケティングについてだったと言える〜VRフォーラム2015を聴講して〜

この12月8日9日と、VRフォーラムが開催された。VRとはビデオリサーチ社のことであり、テレビ放送の指標となる世帯視聴率を計測する会社だ。前回VRフォーラムが行われたのは20...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年12月号

「番組のオムニマーケティングを考える時代へ」InterBEE Connected:もっとも刺激的だった小池良次氏の講演から大事な部分をお届けする

InterBEEが先週、11月18日〜20日の三日間の期間を終えた。筆者は取材のためInterBEE Connectedのオープンセミナースペースと展示会場に張り付いていたの...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年11月号

民放大会シンポジウム再録・その2「地域の人々はテレビを頼りにしている、世代交代が求められてる」

民放大会のテレビシンポジウム、続きを書き進めよう・・・と、その前に、午後に開催された民放大会の本体部分、式典について少し触れたい。と言っても、民放連のWEBサイトに大まかにま...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年11月号

民放大会シンポジウム再録・その1「水曜どうでしょうとライオン熊本女子駅伝の意外な関係」

シンポジウム終了後に、パネリスト揃いぶみ。左端が筆者、そして影山貴彦氏(同志社女子大教授)、中村大亮氏(ライオン宣伝部)、脇浜紀子氏(讀賣テレビ)、藤村忠寿氏(北海道テレビ)...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年11月号

Roviの展示に見る、これからのテレビに必要なこと

Media Borderの読者諸氏なら、Roviの名前はご存知だと思う。放送業界にとっては、EPGを開発し、その権利を持っている企業というイメージが強いだろう。日本では電通、...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年10月号 vol.5

CEATECで注目すべきは、RoBoHoNよりlaundroidより、広島テレビの出展である

2015年の今年も幕張メッセで華やかに開催されたCEATEC。常連の大手家電メーカーが出展をやめたこともあり来場者数は昨年の15万人から13万3千人と減少した。だがこれまでに...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年10月号 vol.5

Netflixは日本で成功する。その確信を得たスタート〜ローンチウィークを追う〜

2015年9月1日16時、六本木のホテル・グランドハイアットの中規模のパーティルームに、数十名の記者たちが集まっていた。部屋には赤い布で覆った椅子が並べられ、京都のお茶屋のよ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年09月号

ソーシャルテレビアワード2015発表!大賞は「バーチャル高校野球」(朝日放送)!〜ソーシャルテレビは定着期を迎えたのか〜

勢ぞろいした受賞者。『金曜ロードSHOW!』からスタンリー君も参加した。2015年7月21日、六本木アカデミーヒルズにてソーシャルテレビアワード2015の発表会が開催され、大...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年07月号

多様なデータが、テレビの価値も多様にする。〜新世紀テレビ大学から何を学べたか・その1〜

7月10日、新橋ラーニングスクエアにて、カンファレンスイベント「新世紀テレビ大学・TVデータ最前線」が開催され200名を越える来場者で盛り上がった。TVメタデータで知られる株...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年07月号

VODは日本の文化となりえるか。〜新世紀テレビ大学から何を学べたか・その2〜

7月10日のカンファレンスイベント「新世紀テレビ大学・TVデータ最前線」第二部は、VODディスカッションと題して日本のSVOD界の両雄に登壇をお願いした。huluを運営するH...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年07月号

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...