テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年12月号

4年間、一歩も進まなかったNHK同時配信の議論〜放送業界が自ら失った最後のチャンス〜

2019年12月27日 11:16 by sakaiosamu

MediaBorderは今月、「放送を巡る諸課題に関する検討会」(以下、諸課題検)のことばかり記事にしている。この12月26日にも今年最後の諸課題検が開催され、思うところも多かったのでくどいようだがまたそのレポートを書きたい。

この日のメニューは以下だった。

1)報告事項(放送用周波数の活用方策などに関する周波数分科会報告・その他)

2)今後の検討事項

1)の方は放送大学跡地とV-Highをどうするかという電波利用の議論の簡単な報告、そしてこれまでの取組のおさらい。2)の方は今後の諸課題検で何を議論するかを、あらかじめ構成員にメールで聞いた意見をまとめた書類とともに意見を述べあう機会だった。

今後の検討事項と言いつつ、前回のNHK同時配信についての意見を述べあう続きでもあった。構成員の皆さんがそれぞれ、いつにも増して思い切った言い方で主張や疑問を口にしたのは、これまでにないことで面白かった。

その中でもMediaBorderが注目したい意見があった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

イベントレポート「地域とテレビの未来を考えるシンポジウム in 福岡」《後編》

2020年03月号

イベントレポート「地域とテレビの未来を考えるシンポジウム in 福岡」《中編》

2020年03月号

イベントレポート「地域とテレビの未来を考えるシンポジウム in 福岡」《前編》

2020年03月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号

新型コロナウイルスはおさまるどころか世界を混沌に陥れている。こんな時だから...

2020年03月号

新型コロナウイルスに対し、メディアは何かできているだろうか。ともすると、い...