テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年12月号

同時配信ストップ、NHKの大幅譲歩に総務省はどう出るか?

2019年12月03日 17:22 by sakaiosamu

同時配信への総務省要求に、NHK大幅譲歩?

NHK同時配信の行く末が見えない。11月28日には各新聞が一斉に、NHKの大幅譲歩を報じた。受信料の2.5%キャップをオリパラを除けば超えないようにするという。自民党の「放送法の改正に関する小委員会」の場でNHKが提示したそうだ。

朝日新聞の記事には、"出席者によると、「ちゃぶ台返しだ」「今ごろなんだ」などの声が相次いだという"ともある。この議員団は、NHK同時配信の議論に着手せよと2015年に提言し、そこから総務省の「放送を巡る諸課題に関する検討会」がスタートした、いわば言い出しっぺだから当然の主張だろう。

一方、読売新聞はさらにNHKの譲歩の内容を詳しく書いた記事を29日朝刊一面トップで掲載している。上の写真がそれだ。なんと、BS放送2波を1つに絞るというのだ。そこまで踏み込むのか、と驚く人も多いだろう。そこまで言えばさすがの高市大臣も首を縦に振るのではないかと考えたくなる。だがそうだろうか?筆者は、まだまだNHKは甘いなあ、と感じている。逆に、BSを1波に絞るのも”今さら”の話なのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

放送収入の持ち直し、ほとんど見えず〜キー局決算資料より〜

2020年11月号 vol.66

出口が見えない!NHKの料金システムと公共メディアの着地点

2020年11月号 vol.66

テレビ局がこれから狙うべき広告市場はどこか、という問題

2020年10月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年11月号 vol.66

日本ではコロナ禍も弱まってきた。徐々に街に人が戻り、ビジネスも活気を取り戻...

2020年10月号

コロナ禍はまだまだ続き、メディアの苦難も終わらない。やって来た秋が静かに深...

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...