テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年05月号

動画配信は私たちとコンテンツの関係を深めている〜「動画配信市場調査レポート2019」発刊セミナーより

2019年05月28日 19:46 by sakaiosamu

映画興行市場とほぼ並んだ、有料動画配信市場

先週5月24日に、デジタルコンテンツ協会による「動画配信市場調査レポート2019」発刊セミナーが行われた。同協会は毎年秋に「デジタルコンテンツ白書」という分厚い冊子を発行している。「デジタルコンテンツ」の括りでコンテンツ産業を一望にできる貴重な白書だが、それとは別に春に「動画配信市場調査レポート」を発行してきた。2016年版では私が巻頭レポートとして拙い原稿を書かせていただいた。その縁もあり、同協会のセミナーは極力聴講している。

この「動画配信市場調査レポート」は、動画配信に絞った市場調査で他にはあまりない貴重なものだ。毎年、各事業者を直接訪問してヒアリングしたものをまとめた労作だ。私も毎年あてにさせてもらっている。

最新版では2018年の推計値が発表されている。2,200億円とついに大台に乗った数値だ。前年比119%と約2割も増えている。ますます活気づいていることがはっきりわかる推計値となった。

2018年の映画興行収入が2,225億円なので、ほぼ同じだ。動画配信市場は、映画興行市場と並んだ、と考えるとかなりの規模になったのが実感できるだろう。

同協会の「動画配信市場調査レポート」はこちらのサイトから有料でダウンロード購入できる。→デジタルコンテンツ協会「動画配信市場調査レポート」購入ページ

12,000円+税で貴重な調査結果が手に入るのだから安いものだ。この機にぜひ購入するといいだろう。

さて発刊セミナーでは、有料動画配信市場の今後の予測も発表された。果たしてどれくらい伸びるのか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

同時配信のあるべき姿が見えてきた〜6/21ウェビナー「同時配信の議論を決着させる」のポイント

2022年06月号

最新の放送技術を見に行ったら、7年前から進んでなかった件について

2022年05月号

ローカル局の主体性は失われていくだけなのか?

2022年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネ...

2022年03月号

東京の桜はもう満開。果たしてメディアは、再び世の中で返り咲くことができるの...