テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年05月号

令和最初は“まったり”しながらヒートアップ〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年5月》〜

2019年06月03日 10:56 by sknsdys

  元号が代わって初めての開催となるミライテレビ推進会議は、5月24日に「令和のテレビはこうなる!村上圭子氏とまったり話すテレビの行く末」として開催。紀尾井町・Yahoo!LOGDEにメンバー外の方も多数参加して行われた。NHK放送文化研究所・研究主幹の村上圭子さんが、放送業界の動向を分析したスライドを枕にしながら、テレビメディアの未来について「まったり」と話すという趣向。と言いつつも、意見募集のために用意したGoogleフォームにはこの場に集まった人はもちろん、ライブ配信を見ていた人からも多く投稿が寄せられ、「まったり」した雰囲気ではありつつも議論は徐々に熱を帯びていった。

 

 Media Border読者の方は、村上さんをご存じの方も多いだろう。NHK報道局のディレクターを経て放送文化研究所へ移ったという経歴を持つ。「インターネットが普及する中、このままの番組づくりやNHKの在り方だけでは厳しいのではと思い、(研究所に)移った」という村上さん。「NHKもひとつの取材対象。私の見解はNHKの見解ではない」と断ったが、このレポートでも意識していただければ幸いだ。

 さまざまなトピックが登場したが、参加者と活発な議論が起こったものを中心に紹介したい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“レイワテレビ”のキーワードはAIと位置情報と…?〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年4月》〜

2019年05月号

2019年、推進会議は「参加型」へ!〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年1月》〜

2019年02月号

ミライテレビ推進会議の2018年を振り返る〜ミライテレビ推進会議レポート《2018年12月》〜

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号

メディアはすでに、次のステップへと走り出した。そう実感させられることが次々...

2019年10月号

メディアの風は変わり目を迎えた。これからどこへ吹くのか、見定めねばならない...

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...