テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年01月号

ローカル局の現在地とは〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第24回》〜

2019年02月28日 11:09 by sknsdys

今月は19日に開催された「放送を巡る諸課題に関する検討会 放送事業の基盤強化に関する検討分科会」の第2回をレポートします。

この日は冒頭に佐藤総務副大臣のあいさつがありました。そこで述べられたとおり「ローカル局経営基盤の在り方、AMラジオの在り方、放送局の経営ガバナンスを議論」するのがこの分科会の目的です。今回はローカル局を中心とした放送局からヒアリングを行うことにより、経営基盤強化の前提となる「現在地」を確認するという内容でした。局のプレゼンテーションは淡々と資料を読み上げるのではなく、番組映像の上映も交えていたので具体的でした。また、いろいろな放送局の事例を代表者がまとめて報告するというケースも以前あったかと思いますが、この日は各放送局の責任者が代わる代わる述べていくというスタイルだったので、そのこともプレゼンの伝わりやすさに寄与していたように思います。

具体的なプレゼン内容は総務省のウェブサイトに発表資料がアップされているので参照ください。事例を列挙します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

AMラジオの明日はどっちだ〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第26回》〜

2019年03月号

ローカル局の多様な在り方を探る〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第25回》〜

2019年02月号

2018年のメディアイベント落ち穂拾い〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第23回》〜

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号

コロナ禍はまだまだ続き、メディアの苦難も終わらない。やって来た秋が静かに深...

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...

2020年08月号

遅い遅い梅雨明けの後には、キツい日射しの夏が来た。コロナのキツさも相まって...