テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年01月号

今年、日本で2つのプレイヤーがSVODをスタートする状況証拠について

2019年01月17日 18:56 by sakaiosamu

SVODというと、メディアの議論のテーマとしてはいささか古く感じる人も多いだろう。2015年にNtflixが日本上陸して盛り上がったこのテーマも、その後はとくに新しいプレイヤーも登場せずメインストリームで語るものでもなくなった感がある。

中にはよくデータも見ずに、市場として飽和状態で淘汰の時代が始まると無責任にいう人も見かける。だが勘違いしないでほしい。有料のデジタル映像市場は一貫して伸び続けているのだ。まだまだ一般化からは程遠く、利用層は一部に過ぎない。伸び代は明らかにまだゆとりがある、これからの市場なのだ。

そして今年はそこに、新たなプレイヤーが2つも名乗りを上げようとしている。そんな情報が筆者の元に入ってきた。しかも2つともかなりの力を持つプレイヤーだ。一つはグローバルの巨人。もう一つは国内新興企業の雄だ。情報はかなりの確度だが、証拠として示せるのは「状況証拠」でしかない。半信半疑で構わないので聞いてもらいたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

テレビ東京とWOWOWの長期戦略から考える、これからのテレビ局の生き残り方

2021年05月号

キー局決算から読み取る、これからのテレビ局の生き残り方

2021年05月号

日本の広告費2020発表、コロナ禍でインターネット広告に突き放されたテレビ広告

2021年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...

2021年06月号

梅雨になったのかならないのかさえはっきりしない空模様が続く。コロナ禍も緊急...

2021年05月号

緊急事態宣言は5月11日以降も延長される。人びとは連休中もどこへも行けず、...