テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年09月号

ブロックチェーンはメディアをどう変えるか〜ミライテレビ推進会議レポート《2018年9月》〜

2018年10月02日 11:02 by sknsdys

 目黒のViiber本社で行われた9月のミライテレビ推進会議から、コンテンツジャパンの堀鉄彦さんによる「ブロックチェーンとメディア/コンテンツ/ビジネス」を紹介する。
 

堀さんは永年日経BPで雑誌編集に携わったのち、著作権・版権業務や出版業界動向調査に携わった。2018年4月からブロックチェーンハブに参画し、グループ内でコンテンツジャパンを立ち上げた。ブロックチェーンハブの斎藤賢爾CSOは10年以上前から研究・発信を続ける、日本におけるブロックチェーン分野の草分け的存在だ。
 さて、ブロックチェーンといえば仮想通貨・暗号通貨を真っ先に連想する人が多いと思うが、決してそのためだけの技術ではない。堀さんの言葉を借りて端的に表せば「ネットワーク維持に参加するすべてのコンピューターがデータを分散的に保持する技術」だ。参加するコンピューター(これをノードと呼ぶ)が相互にデータの正しさの承認作業を行うため、一度記録されたデータ改ざんが困難であり、正しいことが「保証」される。この特性により、仲介者なしに価値のやりとりが可能になり、送金も「保証」され、仮想通貨として機能させられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

令和最初は“まったり”しながらヒートアップ〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年5月》〜

2019年05月号

“レイワテレビ”のキーワードはAIと位置情報と…?〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年4月》〜

2019年05月号

2019年、推進会議は「参加型」へ!〜ミライテレビ推進会議レポート《2019年1月》〜

2019年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...