テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2020年07月号

TVer社長、龍宝正峰氏インタビュー・前編〜キャッチアップの在庫全体をセールスしていきたい

2020年07月21日 11:05 by sakaiosamu


※画像は株式会社TVerトップページより

MediaBorder読者のみなさんなら株式会社TVer誕生のニュースには驚いたことだろう。5月30日付けの以下の記事は多くの人に読まれた。

TVerはスマホのTVになれるか?〜株式会社TVer誕生!社長にはTBSから龍宝氏が就任〜

そしてこの7月1日、プレゼントキャストが株式会社TVerに名称変更するとともに代表取締役社長に龍宝正峰氏が就任。他の役員も今回大幅増資を実施した在京キー局からの面々が名を連ねた。また2019年8月に株式会社HAROiDから分社化して生まれた株式会社YourCastの、株式会社TVerTechnologiesへの名称変更も併せて行われた。

そこでMediaBorderでは龍宝新社長に取材をお願いしたところ、快諾いただけた。コロナ禍のご時世なのでZoomを通じたリモート取材となったが、気さくな龍宝氏はあけすけに語ってくださった。インタビューの内容を、できるだけそのまま読んでいただこうと思う。龍宝氏がTVerに賭ける熱い想いをお伝えしたい。リモートとは言え龍宝社長は出社しており、オフィスから質問に答えてくれた。かなり長いので前編・後編に分けて掲載する。

株式会社TVer誕生への道のり

境(以下、S):去年のYourCast設立の時、これはTVerの株式会社化の伏線なのだろうと思ったんですけど、それから10ヶ月、どんなドラマがあったのでしょう?

龍宝社長(以下、R):YourCastの設立は違う発想でやってたんですよ。YourCastはテレビの視聴データをどうするかを検討し、旧HAROiDさんのリソースを使わせてもらう形で立ち上げたもので、リアルテレビの視聴データの活用をする役割でプレゼントキャストの子会社の形で誕生しました。

S:なるほど。

R:一方TVerをどうするかは別の発想で議論をしていました。踊り場的な状況になってしまっていたので、何かを変えないと、というところからの議論で、新会社を立ち上げることもアイディアの一つとしてあったくらいです。議論を進める中で、この形に落ち着いたというのが、正直なところです。

S:その議論からきっと龍宝さんがリーダーシップを取ってらっしゃったのでしょうね?

R:リーダーシップを取ったかどうかはともかく、考えろって言われたもので(笑)。結構時間かかっちゃったとは思いますが、去年のGWぐらいからミーティングを始めました。

S:そこから1年はかかったということですね。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

テレビ局のダイバーシティは番組の多様性にもつながるはずだ〜民放労連の女性役員数調査の背景

2021年06月号

2月21日、集合せよ〜西田二郎氏に「未来のテレビを考える会」について聞く

2021年02月号

TVer社長、龍宝正峰氏インタビュー・後編〜コンテンツを伝えるルートを拡張する

2020年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号

コロナ禍はゆっくりピークアウトに向かうように見える。だが新種株などまったく...

2021年08月号

ゲリラ豪雨が突如ある地域を襲うように、メディアの天気は移ろってゆく。快晴と...

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...