テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年09月号

映画『君の名は。』はほぼ100%ソーシャルメディアでメガヒットになった

2016年09月13日 14:47 by sakaiosamu

 画像:映画『君の名は。』公式サイト・トップページより

 新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』がメガヒットを飛ばしている。8月26日に公開され、先の週末で興行収入62億円を突破。最終的には100億円も視野に入ってきたという。あれだけ話題になっている『シン・ゴジラ』も60億に達したのは9月4日で、一カ月以上かかっている。『君の名は。』は、メガヒットの『シン・ゴジラ』を超えるテラヒット(?)の状態だ。昨年、細田守監督の『バケモノの子』が50億円を超えて、同監督を宮崎駿の後継者という人もいたが、細田作品がそうなるまでには『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』とプロセスを踏んできての結果であるのに対し、新海誠氏はメジャーデビューしていきなり宮崎駿レベルのヒットメイカーに達してしまったようなものだ。

『君の名は。』はなぜここまでヒットしたのか。それはどうにも誰にも正確には言えないだろう。いろいろ探ってもこれだという理由が提示しにくい。ただ、ソーシャルメディアがヒットに大きく寄与したらしいことは誰しも認めるところだろう。そこでここでは、twitterの分析を試み、ヒットの背景を探ってみたい。(ここから先は登録読者のみ) 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本テレビ系の同時配信、10月3日スタートを発表!

2020年09月号

Netflix日本スタートから5年、黒船は何をもたらしたか?

2020年09月号

映画「はりぼて」が暴いたのは、地方政治の裏側だけではない

2020年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...

2020年08月号

遅い遅い梅雨明けの後には、キツい日射しの夏が来た。コロナのキツさも相まって...

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...