テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年03月号

SVOD戦国時代第二幕のカードを握る?U-NEXTの正体とは〜株式会社U-NEXT取締役・NEXT事業本部長、堤天心氏に聞く〜

2016年03月15日 17:21 by sakaiosamu

U-NEXTの名前は、MediaBorder読者ならご存知だろう。だが他のSVOD事業者に比べると、知識が薄いのではないだろうか。おそらく業界内でのユーザー数も少ないだろう。表にその存在があまり出てこなかったと思う。

だが、実はSVOD界でもっとも早くサービスを起ち上げた事業者のひとつであり、市場の中でも大きな存在となっている。先日のGEM Partnersの記事で、市場の推計を紹介したが、それによるとU-NEXTは3位なのだ。

これはU-NEXTの月額料金が1990円と他の倍程度だからだ。料金が約半分のHuluの次につけているのなら、会員数はHuluの半分以上だと見てよさそうだ。

一方、気になる情報としてTSUTAYAと共同で映像の企画制作を行う新会社を設立したニュースもある。オリジナルコンテンツを共同で作るということらしいが、それだけだろうか?

→CCC子会社とU-NEXT、マイシアターD.D.が共同でオリジナルドラマ/アニメ制作会社を設立(AV watch 2月2日)

先日のゲオチャンネルがスタートした際の速報記事でも書いたが、どうやらSVODは昨年巻き起こった戦国時代の、第二幕がはじまろうとしているようだ。その中でもU-NEXTはこれまで目立たなかったが逆に、重要なプレイヤーになる気がしている。そこで、同社のキーマン、取締役NEXT事業は本部長・堤天心氏に話を聞きに行った。そもそもU-NEXTはどうスタートしたのか、基本的なところからうかがったので、じっくりお読みいただきたい。(ここから先は登録読者のみ)

株式会社U-NEXT・取締役NEXT事業本部長、堤天心氏

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

広告主はいま、メディアをどう考えているのか?〜日本アドバタイザーズ協会・常務理事 小出誠氏に聞く〜

2019年03月号

「さよならテレビ」はテレビの何にさよならしたのか〜東海テレビ・圡方宏史氏インタビュー(後編)〜

2018年11月号

「さよならテレビ」はなぜテレビをさらけだしたのか〜東海テレビ・圡方宏史氏インタビュー(前編)〜

2018年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...