テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年03月号

Netflix「ハウス・オブ・カード 野望の階段』全シーズンを日本で配信!〜SVOD戦国時代、第二幕へ〜

2016年03月04日 16:22 by sakaiosamu

ルールは一つ。この屈辱を忘れるな。

Netflixは本日3月4日17時より、オリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』全シーズンを日本でも配信しはじめた。

同作はNetflixのオリジナルドラマ第一弾で、ケビン・スペイシーとデビッド・フィンチャーがタッグを組んで製作された。豪華なキャスティングだけでなく、ユーザー解析によって題材やスタッフ・キャストを決めたことも大きな話題になったものだ。

ところが昨年9月にNetflixが日本でサービスを開始した時、ラインナップされておらず、人びとをがっかりさせた。それがローンチから半年で全シーズン配信。シーズン4は世界同時配信(同作をそもそも配信していない国もあるのでそこはのぞくことになるが)とのことだ。


ローンチ時に配信できなかったことはNetflixにとっても忸怩たる思いがあるだろう。同作を製作した当時は日本でのサービス開始はほとんど想定していなかったのだ。日本でも配信せねばと、これまで歯がゆい思いをしていたにちがいない。

作品のキャッチフレーズ「この屈辱を忘れるな」にはそんな意味も込められているのではと想像したくなる。筆者もNetflixのラインナップにはいまひとつ馴染めず飽きかけていたので、ひとりのユーザーとしても大いに刺激されそうだ。同作はhuluでシーズン1までしか見ていなかったし、日本では他のプラットフォームでもシーズン2までしか視聴できなかった。シーズン3を待ち望んでいた人も多いだろうし、米国と同時にシーズン4まで配信されることは、ユーザー心理においても大きいのではないだろうか。

Netflixはローンチ後目立った動きがなく、話題にのぼらなくなっていたが、『火花』も製作が進んでいるらしいし、またホットな存在になりそうだ。

筆者は1月号の記事で今年の7つのポイントを挙げた際、SVODについては目新しい大きな動きはなく静かに成長を続けるだろうと書いた。だがそれは誤りだったと認めざるをえない。このNetflixの件に限らず、意外に大きな動きが巻き起こりそうなのだ。これから始まるであろうSVOD界の新たな動きについてさらに書き進めたい。(ここから先は登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】民放キー局が同時配信の技術実証を合同で行うと発表!プラットフォームはTVer!

2018年09月号

TVerが進化した。テレビが進化した。〜【速報】TVerリニューアル&ダウンロード数850万突破!〜

2017年08月号

【速報】日本の広告費2016発表!地上波テレビは1兆8347億円(前年比101.6%)ネット広告は1兆3100億円(同113.0%)

2017年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...