テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年10月号 vol.5

Roviの展示に見る、これからのテレビに必要なこと

2015年10月13日 10:55 by sakaiosamu

Media Borderの読者諸氏なら、Roviの名前はご存知だと思う。放送業界にとっては、EPGを開発し、その権利を持っている企業というイメージが強いだろう。日本では電通、東京ニュース通信社とともにIPG社を設立し、テレビや録画機向けに"Gガイド"を提供していることで知られている。

そうしたBtoBのサービスが中心でコンシューマ向けの製品は扱っておらず、いまひとつ”顔”が見えない印象もあったと思う。人によっては”何かと権利料をとられる存在”という言い方もされている。

実は毎年、CEATECの開催に合わせて幕張メッセ近くのホテルで、限られた人向けの展示を行ってきたそうだ。今年、筆者宛にも連絡をもらったので取材に行ってみた。

ニューオータニの24階に特別にあつらえられた部屋。決して広くはない空間の三面を使って展示してあった。Roviの日本法人代表取締役社長の西村明高氏が迎えてくれた。

資料によれば西村氏はパナソニックで長年の実績を積んだ上で、2006年からRoviに入ったそうだ。話の中には専門用語がちりばめられており、熱い語り口からもテクノロジーへの情熱が伝わってきた。


●Roviが提示するのは、テレビにいま必要な新しい発想だった(ここからは登録読者のみ)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

映画「はりぼて」に込められた後発局の忸怩たる思い

2020年09月号

イベントレポート・ウェビナー「地上波の知らないケーブルテレビ」

2020年08月号

イベントレポート・ウェビナー「アフターコロナ テレビ局の選択肢」

2020年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...

2020年08月号

遅い遅い梅雨明けの後には、キツい日射しの夏が来た。コロナのキツさも相まって...

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...