テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年10月号 vol.5

ここまでのVODサービスの動きを総括する〜上陸を果たしたNetflix、周到なAmazon〜

2015年10月05日 08:29 by sakaiosamu

Netflixが今年2月に日本でのサービスインを発表して以来、短い期間の中で各VOD事業者は活発な動きを示してきた。huluとdTVくらいしか存在感を示していなかったところに、バタバタと新規参入者がなだれ込み、あっという間にレッドオーシャン化してしまった。ひとつの事業領域でこれほど短期間に様相が変わったこともなかなか珍しいだろう。しかも、VODの立上げはそれなりの資金と準備が必要だ。それぞれ、前々から周到な準備を秘かにしてきたにちがいない。

さてこの中で際立つのは、Amazonではないだろうか。アメリカではSVOD事業者としてNetflixに次ぐ存在だったわりに、日本ではさほど動きが見えていなかったが、水面下では着々と準備を進めていたようだ。筆者の印象では、日本ではNetflixを差し置いて勢いづくように見える。

この稿では、Amazonのサービスをチェックしながら、ここまでのVODの動きを総括しておこう。


●サービスの内容でも戦略でも一歩優位?Amazonプライム・ビデオ(ここからは登録読者のみ)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米子のケーブル局、中海テレビはなぜギャラクシー賞大賞を受賞したか〜GALAC2018年6月号の記事より〜

2020年08月号

8月19日ウェビナー「地上波の知らないケーブルテレビ〜中海テレビにNHKが聞く」開催

2020年07月号

イベントレポート・ウェビナー「アフターコロナ テレビ局の選択肢」

2020年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年08月号

遅い遅い梅雨明けの後には、キツい日射しの夏が来た。コロナのキツさも相まって...

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...