テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年10月号

某エリア放送局・覆面座談会(後編)〜これからのローカルに必要なことはこれだ!〜

2018年10月10日 11:00 by sakaiosamu

某エリアのローカル局の面々による覆面座談会、後編をお届けする。前編を読んでない方はまずそちらを読んでもらえればと思う。(→前編へのリンク)

後編では、ネット活用の話にはじまり、これからローカル局は何に取り組むべきかまで語ってもらった。なるほどと思える力強い意見も出たので、ぜひ読んでもらいたい。

 

司会:Cさんの言っていたネットの話も興味があるんですが、Cさんも業務としてネットの作業をやっているんですか。

C氏:直接的にはやってないですが、同じ編成業務局の中で、SNS系を触っている人間がいます。視聴率で自社制作番組が伸び悩んでいる時に、原因はいくつかあるのですが、SNSの認知率の低さもあるのかなと思っています。大きな課題ではないかと。もっと頑張った方がいいという危機感があります。

司会:ネットの活用について他の皆さんはどうですか。

A氏:SNSをやってますが、番組の情報だとか、オンエア後のゆったりトークみたいなコミュニケーションをTwitterで頑張ってますね。

D氏:ツイッターはAさんのところ頑張ってますよね。うちでもツイッターやってる人間は個人ベースで番組に食い込んでやってます。それは彼の熱い思いをもとにやっているわけで、個人によるなと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

某エリア放送局・覆面座談会(前編)〜ローカルは人手も時間もお金もない持久戦だ!〜

2018年10月号

最先端の戦略を突き動かしたのは、人びとの声だった〜シルバータイムドラマ「やすらぎの郷」編成について聞く〜

2017年05月号

作り手と観客の、共感から共有へ、共犯関係へ〜『この世界の片隅に』プロデューサー・真木太郎氏インタビュー〜

2016年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月号

メディア維新とでも呼ぶべき動きがいま、静かに巻き起こりつつある。それはメデ...

2018年08月号

メディア界もまるで明治維新のような大きな変化が起きようとしている。地上波で...

2018年07月号

短い梅雨が明け、夏がもうはじまってしまった。放送改革論議は一段落ついたが、...