テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年08月号

メディアの雲行きが、あやしい。

2017年08月07日 08:54 by sakaiosamu

在京キー局の今年度の第一四半期の数字が今週出揃った。いまは各局がホールディングス体制をとっているので全体の売上げや利益を一概に比べにくい。局によって企業グループの構造がまったく違うからだ。きちんとわかりやすい決算説明会資料をそれぞれ発表し、WEB上で公開しているが、その中のどこをどう見ればいいだろう。

「テレビ局の状況」がもっともわかるのは、個別会社の業績を説明する中で地上波局の業績を見ればいい。どの資料も核となるのはその部分だ。さらに言えば、各局の資料の「放送収入」を見ていくと状況がはっきりしてくる。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ時代のテレビビジネスを創造せよ!

2020年05月号

「この国の放送通信融合は待ったなし」ってどれくらい待ったなしかイメージしてみよう

2020年01月号

高市総務大臣はなぜNHK同時配信に待ったをかけたのか?

2019年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...

2020年04月号

新型コロナウイルスはおさまるどころか世界を混沌に陥れている。こんな時だから...

2020年03月号

新型コロナウイルスに対し、メディアは何かできているだろうか。ともすると、い...