テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年08月号

論考記事

有料動画市場は静かに着実に成長している〜動画配信サービスのデータをもとに〜

映像新聞という業界紙に、こんな見出しの記事が載った。「再編?動画配信市場 起きなかった有料へのシフト」おや?とひっかかった。「再編」のほうはまだしも、有料へのシフトが「起きな...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu

メディアの雲行きが、あやしい。

在京キー局の今年度の第一四半期の数字が今週出揃った。いまは各局がホールディングス体制をとっているので全体の売上げや利益を一概に比べにくい。局によって企業グループの構造がまった...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu

他の号の記事

Videographerの時代〜新しい作り手が出てくる、新しい源流

先日、渋谷ヒカリエホールで開催されたVIDEOGRAPHERS TOKYO2022というイベントを取材した。まずはこれについてInterBEEのサイトに書いた記事を読んでもら...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年06月号

提言:「ニュース」というアプリをテレビ局が作るなら今のうちだと思う

ニュースアプリの記事はクソ記事だらけこれは5年くらい前からずっと思っているのだが、テレビ局が系列を超えてNHKも民放も含め全国のニュースを集めて、一つのアプリで配信したらとて...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年06月号

Netflixはなぜ立ち止まったのか〜コンテンツの洪水が始まっている

Netflixの会員数減少が話題に4月後半、Netflixの会員数が減ったと話題になった。優等生に異変?急速に進む「Netflix離れ」のなぜ | The New York ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年05月号

そもそも日本で「公共メディア」は成立するのだろうか

BBCの料金問題に色めく新聞業界の人びと一昨日(4月30日)、共同通信によるこんな記事を見かけた。英BBC、受信料一律徴収終了へ ネット動画配信サービス普及で「BBCが受信料...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年05月号

次は「ネットのテレビはバラバラでいいのか問題」

同時配信を号令に、テレビ局の新しい取組み続々TVerでのキー局揃っての同時配信が始まった今月、テレビ局による様々な新しい取組みが続々スタートしている。TBSが本日始動させたニ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年03月号

同時配信は新しいテレビのゴールではなく、はじめの一歩にすぎない

「開明派」の念願がようやく成就昨日、4月11日夜からテレビ放送の同時配信がTVerで民放キー局が揃ってスタートした。ご存知の通り、日本テレビは昨年秋から先行していたのだが、や...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年03月号

映画「テレビで会えない芸人」の圧倒的な素晴らしさと圧倒的な物足りなさ

トップ画像は映画「テレビで会えない芸人」WEBサイトをキャプチャー芸人・松元ヒロの「テレビで会えない価値」映画「テレビで会えない芸人」は素晴らしいドキュメンタリー映画だ。もち...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年03月号

ニュースがいちばん大事だから、ニュースがいちばん進化が必要

紛争や災害が起きると、ニュースの重要性が身に沁みるあらためて言うまでもない話だが、ロシアによるウクライナ侵攻は国際秩序を脅かすものであると同時に、情報秩序をも混沌とさせてしま...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年03月号

テレビ局はあたらしいドキュメンタリーを作り、世界をめざせ

ドキュメンタリー映画「香川1区」が全国公開され話題になっている。「なぜ君は総理大臣になれないのか」に続いて大島新監督が国会議員・小川淳也氏を追った作品だ。筆者は1月初めに見て...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2022年02月号

2021年、テレビとネットのBorderで起きた10の出来事(後編)

2021年を、MediaBorder視点で振り返る記事。前回1から5まで書いたが、その後編をお届けしよう。6:番組評価は世帯視聴率からコア視聴率へこれはすでに2020年に起こ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年12月号

テレビ局はコロナ禍から立ち直ったか〜2021年度第2四半期決算より

テレビ局の放送収入はコロナ前に戻せたか?今週、キー局の第2四半期決算が出揃った。業界諸氏が気になるのは、コロナ禍で大きく沈んだ放送収入が持ち直したかどうかだろう。MediaB...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年11月号

たいして影響がなくてもテレビが同時配信すべき理由

同時配信についての論理のない怯えテレビ局はネットでも同時配信すべきかどうか。この議論はもう十数年語られてきた。表立った場としても総務省による「放送を巡る諸課題に関する検討会」...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年10月号

第七世代が出演すれば若者はテレビを見るのか、ざっくり調査してみた件

若い人が出れば若い人がテレビを見るのか?先日、A-PAB(放送サービス高度化推進協会)の依頼で会員社向けの講演を収録した。この団体からは2015年(当時は前身のDpa)以来2...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年09月号

キー局が同時配信を始めたらローカル局はおしまいなのか?

遅くとも来年1月には全キー局の同時配信が出揃う昨日届いた映像新聞の一面トップでキー局の同時配信開始が報じられていた。昨年、日本テレビが単独で同時配信の実験を行い、今年の秋には...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年08月号

ネトフリジャパン批判に乗っかって、5年前の愚痴を書いてしまう

数日前、noteでこんな記事を見かけた。NetflixファンからNetflix Japanへほほお、と思った。Netflixは好きだけど日本支社の人たちはプロモーションが良く...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年08月号

テレビ報道は新しい文法を探せ

大越健介氏の民放移籍にメディアが沸く不思議「ニュースウォッチ9」で5年間キャスターを務めた大越健介氏が、NHKを退職した数日後にテレビ朝日が「報道ステーション」のキャスターに...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年08月号

TOKYO2020で、ようやく放送と通信は融合したが・・・

※画像はテレビ画面上のTVerのオリンピックページより(肖像権著作権に配慮し、一部にぼかしをかけています)オリンピック真っ盛りの7月下旬、コロナ禍で家に閉じこもり、朝から晩ま...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年07月号

「シナぷしゅ」とGU babyのコラボで考える、テレビ番組のポートフォリオ

※画像はGU babyの「シナぷしゅ」とのコラボ紹介ページより 3月にテレビ東京「シナぷしゅ」について、コンテンツ統括プロデューサー・飯田佳奈子氏に取材した記事を書いた。「シ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年07月号

若者のテレビ離れは「コア視聴率」では解決できない

先月のこの記事で「コア視聴率」が話題になったことに触れた。世帯視聴率の記事がなくならないのは、ヤフトピの責任だと思う松本人志氏の言う通り、いまどき世帯視聴率を元に番組をいいの...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年07月号

若者に本気で向き合わないと、テレビは本当にオワコンになる

先月、5月20日に「衝撃的データ」というワードがTwitterでトレンド入りしてバズっていた。この記事がシェアされ沸騰していたのだ。10~20代の約半数、ほぼテレビ見ず「衝撃...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年06月号

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネ...

2022年03月号

東京の桜はもう満開。果たしてメディアは、再び世の中で返り咲くことができるの...