テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年01月号

「超ドS」の自虐には、「静岡のため」への情熱がこもっている〜SBS静岡放送のチャレンジ精神・その1〜

2017年01月13日 01:04 by sakaiosamu

「超ドS」をスローガンに掲げる「静岡兄弟」とは何者か

銀座界隈には、ローカルメディアの東京支社が集まっているのを、業界の方ならご存知だろう。新橋駅から銀座に入ってすぐ、コリドー街の入り口に上の写真のようなビルが立っているのを見たことがあるだろうか。

「静岡新聞」と「静岡放送」が並んでいる。建物もちょっと個性的で丹下健三の設計らしい。

ローカル局の中には新聞社を母体として生まれた局が多い。だから珍しくないようで、実際にはこんな看板は他にはないだろう。当初は新聞社が母体でも、いろいろな資本が入ることが多いし、早い段階から別々にやっていたのが普通だ。どちらかというと、仲が悪かったりする。ところが、静岡放送と静岡新聞は兄弟会社として看板を並べてビルを共有しているのだ。かなり珍しい例だと思う。

その「静岡メディア兄弟」が去年、それぞれ周年を迎えたことを訴求する面白いテレビCMを制作した。これが自虐的で面白いったらない!YouTubeに置かれている120秒のロングバージョンをぜひ見てほしい。

笑えるが、考え始めると笑えない。ローカル局と地方新聞の苦境を戯画化すると確かにこんな感じだろう。笑えないといえば笑えないが、こうやって笑い飛ばそう!そんなメッセージを感じる。

それにしても、こんな自虐的なCMを流す意義はなんだろう。そして、新聞と放送が一緒に看板を掲げるのはどういうことだろう。今月初めに静岡を訪れて、聞いてみた。 見えて来たのは、長年地域のために一緒に頑張って来た伝統を、さらにパワーアップする新しい地域メディアの発想だった。(ここから先は登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「書道甲子園」の華やかさと、町おこしとの間の距離

2019年09月号

MBC南日本放送・中村会長はコピーライター。「公共性でメシを食う」の意味は?

2018年09月号

地域密着をさらに進化させる。MBC南日本放送の意欲的取り組み

2018年09月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号

どうしようどうしよう、とオロオロしていてもはじまらない。いままでのやり方で...

2019年11月号

メディアはすでに、次のステップへと走り出した。そう実感させられることが次々...

2019年10月号

メディアの風は変わり目を迎えた。これからどこへ吹くのか、見定めねばならない...