テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年01月号

テレビとネットの2017年を予測する〜すべての「元年」が怒涛のごとく次へ進む〜

2017年01月06日 18:43 by sakaiosamu

年頭にあたり、「今年はこうなる」というテーマの記事をお届けしようと思う。

ただ、今年はもう、「まったく新しいキーワード」は登場しないと考えている。思い返せばテレビとネットの融合領域では、毎年「元年」だった。「動画配信元年」「動画広告元年」「SVOD元年」「ライブ配信元年」そして「同時配信元年」。いい加減、「元年」は打ち止めだろう。今年はそれより、すべての領域で二年目三年目が一度に進むのではないか。だとしたらそれはまた、怒涛の勢いになりそうだ。今年はこれまで以上に、休む間もない慌ただしい一年になるのだと思う。

ここで、去年の巻頭記事で「2016年の予測」として提示した7つの項目を並べてみよう。

  1. テレビ番組のネット配信さらに進む
  2. 動画広告がやっと本格的に盛り上がる
  3. 視聴計測がホットな議論になる
  4. ライブ配信が急速に盛んになる
  5. ソーシャルテレビが再び活性化する
  6. SVODは静かに広がっていく
  7. 同時再送信も着々と進む

ほぼ当たったと言えるだろう。まあ、明らかに気配があったものを挙げているので、当たらない方がどうかしてるのだが。唯一、外したのが7で、着々どころか風雲急を告げるほど同時配信が(放送業界では同時再送信の方が使われていた)急浮上した。政官の要請で、最優先課題になってしまったかのようだ。

さて今年はというと、ここにあることすべて、だと言える。どのテーマもすでに「元年」が過ぎ、二年目だか三年目だかに突入する。どのテーマが先に進むという優先順位も何もない。となると今年は、あらゆる領域で怒涛の勢いで物事が進んでいくことになる。嵐のような毎日を、防ぐものもないまま一身に風を浴びて過ごさねばならない。なんとも大変な一年になりそうだ。

ただ一つ、古いテーマが新しく登場する可能性がある。それは、「放送」だ。(ここから先は登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「シナぷしゅ」とGU babyのコラボで考える、テレビ番組のポートフォリオ

2021年07月号

若者のテレビ離れは「コア視聴率」では解決できない

2021年07月号

若者に本気で向き合わないと、テレビは本当にオワコンになる

2021年06月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...

2021年06月号

梅雨になったのかならないのかさえはっきりしない空模様が続く。コロナ禍も緊急...

2021年05月号

緊急事態宣言は5月11日以降も延長される。人びとは連休中もどこへも行けず、...