テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2022年06月号

「放送の地域性」の議論の行く末がちょっと不安になった、ある委員会について

2022年06月02日 12:58 by sakaiosamu
2022年06月02日 12:58 by sakaiosamu

Introduction
MediaBorderには何度も寄稿してもらってきた京都産業大学の脇浜紀子教授が、先日ある政党の委員会に呼ばれていた。どんな話をしたのか、気になる。そこで簡易なレポートを寄稿してもらった。脇浜氏らしい内容になっているのでぜひお読みいただきたい。

 

 

 

書き手
脇浜紀子
京都産業大学 現代社会学部教授

7年ぶりの某党からの呼び出し

総務省「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会」については、境さん始め、ウォッチャーの方々が毎回詳細レポートをあげてくださって、とても感謝している。オンライン開催なのだから自分でも聴講すればいいのだが、なんとなく中央で行われている議論は後からキャッチアップするという他力本願な癖がついている。「諸課題検」と違い、今回は、有識者の皆さんからなかなか鋭く切り込んだ意見が出ていると聞き、事業者側からも放送対象地域の見直しなど具体的な要望もあったということで、どんな提言が出てくるのかなあ、注目だなあ、と思っていたら、思わぬところから呼び出しをくらった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「テレビ離れ」という厄介な発想

2022年03月号

北京冬季五輪で話題に!サブチャンネルを使いこなすのは若者か中高年か?

2022年02月号

仮面ライダーの思い出(にかこつけて)〜山本英治氏寄稿〜

2021年10月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…