テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2021年01月号

InterBEE「異業種に学ぶビジネスモデル革命・延長戦」を延長した記事

2021年01月26日 16:18 by sakaiosamu

InterBEE2020はオンライン開催で2月末までネット上での展示が続く。出展ブースはもちろん、多彩に行われたカンファレンスもまだ聴講できるので見逃していたセッションはぜひ見ていただきたい。

さらに、いくつかの追加セッションも展開されている。11月にINTER BEE CONNECTEDの中で筆者が企画した「デジタルに舵を切れ!異業種に学ぶビジネスモデル革命」は講談社の長崎亘宏氏、メディアコラボ古田大輔氏にそれぞれ雑誌と新聞のDXについて語ってもらい、TVerのCIO蜷川新治郎氏にモデレーターをお願いしたセッション。その「延長戦」としての追加セッションが先週から公開されている。今回は長崎氏がお忙しく、代わりに筆者がモデレーターとして参加した。蜷川氏には役割を替えパネリストとして登壇してもらい、古田氏には再度登壇をお願いした。11月のセッションのおさらいをしつつさらに掘り下げる議論となった。この機にぜひ見てもらいたい。

「異業種に学ぶビジネスモデル革命・延長戦」アーカイブ映像

ここではこの「延長戦」の内容を解説してみたい。 今後のメディア企業にとって、非常に重要な議論や観点が出ていたと思う。

なお、本体の「異業種に学ぶビジネスモデル革命」の方を見てない方は、先にご覧になってからの方が話がわかりやすいのでぜひ。

「デジタルに舵を切れ!異業種に学ぶビジネスモデル革命」

視聴にはInterBEEのサイトへのログインが必要だが、無料なのでこの機に登録を。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これからのテレビ局のあるべき位置が見えてきた?〜INTER BEE CONNECTEDセッションより〜

2020年11月号 vol.66

映画「はりぼて」に込められた後発局の忸怩たる思い

2020年09月号

イベントレポート・ウェビナー「地上波の知らないケーブルテレビ」

2020年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年02月号

コロナ禍とともに押し寄せるメディアの危機。緊急事態宣言は延長されたと言って...

2020年12月号

コロナ禍がもたらした災厄はメディア界をも押しつぶそうとしている。このままメ...

2020年11月号 vol.66

日本ではコロナ禍も弱まってきた。徐々に街に人が戻り、ビジネスも活気を取り戻...