テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2021年01月号

静岡新聞SBS、マスコミやめたってよ〜奈良岡将英氏がシリコンバレーから答える

2021年01月20日 14:11 by sakaiosamu


※画像は静岡新聞SBSのWEBサイトのキャプチャー

「静岡新聞SBSはマスコミをやめる。」そんなフレーズが1月11日にメディア界の人びとを驚かせた。MediaBorder読者諸氏ならご覧になっただろう。同社のWEBサイトに掲載され、同時に新聞紙上で広告としても掲載された。またそのことがいくつものメディアに取り上げられ話題になった。

マスコミをやめるとはどういうことか。答えに当たるものは、新聞広告で指紋の形に文字を配置した文章に記されている。静岡新聞SBS一人一人の社員の答えが書かれているのだ。書かれている内容は人によってまったく違う。つまり、答えは社員の数だけ出していく、ということだろう。

「奈良岡さんだな」と直感した。もちろん企業広告なのだから会社全体の意志なのだが、中心人物は奈良岡将英氏に違いない。

MediaBorderは何度か静岡新聞SBSに取材している。

「超ドS」の自虐には、「静岡のため」への情熱がこもっている〜SBS静岡放送のチャレンジ精神・その1〜

掲げるのは、しずおか愛!「イブアイしずおか」は地域のために楽しく頑張る番組〜SBS静岡放送のチャレンジ精神・その2〜

大勢が同じ場所で同じ体験をする。これも、メディアだ。〜超どSフェスタ@静岡・写真レポート〜

この時に取材したのが、社長室で社内改革の使命を担う奈良岡将英氏だった。「マスコミやめる」などという大胆なメッセージも彼が中心のはず。そうにらんでコンタクトし、取材に応じてもらった。いま奈良岡氏はシリコンバレーに赴任しているのでZoomでの対話。もっともいまは国内にいる相手でもZoomで取材するので、海外にいても国内と同じ感覚で取材できるわけだが。

このコロナ禍で日本には何ヶ月も帰っていないし、単身でシリコンバレーの住まいにこもりっきりだと言う奈良岡氏だが、今回の新聞広告について快活に語ってくれた。

(奈良岡氏には今月26日14時からのミライテレビ推進会議オンライン会合でも話してもらう。MediaBorder購読者なら誰でも参加できるので、この記事の最後の参加方法で確認してもらいたい。)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本のコンテンツ産業はジャンプする時!〜韓国と日本を結んできた、黄仙惠氏に聞いてみた

2021年04月号

地域の情報をエリアを超えて伝える意志を持ちたい〜宮城県民放4局同時配信実証実験を終えて〜

2021年04月号

宮崎から、そして日本から台湾への窓口を担う〜宮崎放送の地域商社・トレードメディアジャパン

2021年04月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年05月号

緊急事態宣言は5月11日以降も延長される。人びとは連休中もどこへも行けず、...

2021年04月号

春は来た。すでに桜は散り始めたが、コロナは居座り続けている。メディアの世界...

2021年03月号

ネットに配信されたテレビ番組をテレビ画面で見るとき、私たちが見ているのはネ...