テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年06月号

人びとはもう、モバイルでないとそそられない時代が来ているのかもしれない

2017年06月08日 16:33 by sakaiosamu

まず、この記事をざっと見てほしい。

※画像は「オモコロ」トップページより該当記事見出し部分

→「J事務所の有名アイドルがオモコロにやってきた!」(オモコロ:6月6日付)

オモコロは愉快な記事を掲載するネットメディアで、この記事も笑える。

だが私はこの記事を見て、「ついにここまで来たか」と受けとめた。もちろんこの記事は、一部のタレント事務所がネットの画像を制限していることをもとにしている。そのことは業界関係者のみならずみんな知っているし、誰もが気づいていたことでもある。ただ、誰もあえてふれなかった。わざわざ言うことでもなかったというか、ふれてはいけないタブーのようなものだったのではないか。

ところがオモコロは、あえてふれた。それは「これっておかしくない?」というシンプルな疑問の提示でもあるように私には思える。

もちろんおかしい。誰しもおかしいと感じてはいたが、一方で頑なにその事務所が守っているポリシーだということもみんな知っていた。だから疑問を提示してこなかった。

この記事で私が言いたいのは、もはやそうやってわかっているけどふれない、で済まない状況がいま生まれつつあるのではないか、ということだ。もはやスマートフォンに情報や表現物を送り届けないと、人が動かない事態になっていると考えるからだ。(ここから先は登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

世帯視聴率の時代はおしまい〜テレビにやってくる「視聴質」というパラダイム〜

2019年02月号

メディアとは何かが、もう一度問われる2019年がはじまった

2019年01月号

不思議の国の同時配信〜諸課題検討会の不毛を憂う〜

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年03月号

春はもうすぐだ。ただこれから来る春は、新しい春のようだ。これまでと違う柔ら...

2019年02月号

メディア界の新しいパラダイムがくっきりしてきた。目ざとい人びとはすでにその...

2019年01月号

メディアの世界では、昨年動き出した新しい流れが、いよいよ本格的にスタートし...