テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年03月号

テレビがネットにたじろぐ時代は、もう終わった〜NHK「放送記念日特集・今テレビはどうみられているか」より〜

2017年03月23日 16:56 by sakaiosamu

3月22日夜、NHKで「放送記念日特集・今テレビはどう見られているか」が放送された。毎年この日に放送されてきた放送記念日の特番だが、今年の企画は非常に刺激的だった。

NHK「真田丸」プロデューサー・屋敷陽太郎氏、TBS「逃げるは恥だが役に立つ」プロデューサー那須田淳氏、C CHANNEL社長・森川亮氏が出演。博報堂DYメディアパートナーズ・メディア環境研究所所長、吉川昌孝氏が解説役となり、ゲストに春香クリスティーン氏を迎えて小野文恵アナウンサーの司会で番組が進行した。

「真田丸」のプロデューサーに加え、民放であるTBS「逃げ恥」のプロデューサーも出演したのは画期的だ。昨年ネットでも話題になってヒットした2つのドラマの制作者を呼んだのは、そこにテレビの新しい視聴スタイルがあるからだ。

とくに「逃げ恥」大ヒットのメカニズムを克明に分析したパートは、NHKが民放のドラマを分析する面白さを含めて興味深いものだった。

その概要はYahoo!に書いたのでこちらをお読みいただければと思う。

NHKが解明したTBS「逃げ恥」ヒットのメカニズム

MediaBorderとしてここで書きたいのは、Yahoo!に書いたことよりさらに、大きな視点での感想だ。それは、テレビとネットの微妙な関係がついに、ここまでたどり着いたのだなあという感慨だ。

私がとくに驚いたのは、NHK屋敷氏がふっと口にしたこの一言だった。

「テレビはスマホで遊ぶ道具になってるんだなと・・・」

ええー?!テレビ制作者がそこまで言うの?一瞬そう感じてしまった。でもそれは番組の流れからすると、ツイッターの”石田三成”アカウントがBSと地上波で二回「真田丸」を視聴し、BSで確認した内容から地上波放送時に”つっこみどころ”でつぶやく様子を紹介したあとだからこその言い方なのだろう。何しろ二回も見ているのだ。そこまでしてツイッターでつぶやくのは、その分「真田丸」を愛してくれているからであり、二回分楽しんでくれているのだ。それに対しての「スマホで遊ぶ道具」としてのテレビを自分が作っている喜びがこの一言なのだと思う。

その屋敷氏の一言に私は、大きな感慨を持った。テレビはもはや、ネットに戸惑う時代を通り越したのだなあと・・・。(ここから先は登録読者のみ) 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成で穴が空いたミドルファネルを、令和のメディアは埋められるか、という大問題

2019年04月号

世帯視聴率の時代はおしまい〜テレビにやってくる「視聴質」というパラダイム〜

2019年02月号

メディアとは何かが、もう一度問われる2019年がはじまった

2019年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年04月号

新しい元号が発表され、この国は新しい時代に突入する。メディアも、それに合わ...

2019年03月号

春はもうすぐだ。ただこれから来る春は、新しい春のようだ。これまでと違う柔ら...

2019年02月号

メディア界の新しいパラダイムがくっきりしてきた。目ざとい人びとはすでにその...