テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年12月号

作り手と観客の、共感から共有へ、共犯関係へ〜『この世界の片隅に』プロデューサー・真木太郎氏インタビュー〜

2016年12月28日 09:03 by sakaiosamu
©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の片隅に』を読者のみなさんは見ただろうか。戦時中に、広島から呉に嫁いだごく普通の女性の日常を、素朴なタッチで丁寧に描いたアニメ作品だ。小規模な公開でスタートしたが徐々に上映館が広がり、興行収入10億円が見えてきた。『君の名は。』の空前のメガヒットがあった一方で、規模は違うがこちらも異例の大ヒットとなっている。

この映画の製作は株式会社ジェンコ、プロデューサーは同社社長真木太郎氏がクレジットされている。実は筆者は真木氏を前々から知っており、興行面が見えてからインタビューしようと思っていたら、この映画にどうやら各マスコミはかなり注目したようで、監督だけでなく真木氏のインタビューも続々出てきた。

出遅れてしまったが、あらためて真木氏にインタビューをお願いした。この映画は製作委員会の出資者を集めるためのパイロットフィルムの費用をクラウドファンディングで募ったことも話題になった。聞きたかったのは、それが製作や宣伝にどう影響したのかだ。今後のコンテンツビジネスを考えるうえで、大きなヒントがそこにあると筆者は感じている。そんな思いで、ジェンコのオフィスを久々に訪れた。

真木氏とは旧知の間柄なので、友だちに話す感覚で私にしゃべってくれている。そのライブ感をできるだけそのまま文章化したくて、会話をあえて丁寧体に直していない。かなりの長さだが、ぜひじっくりお読みください。

---今年は『シン・ゴジラ』『君の名は。』と、ソーシャルメディアが大きな役割を果たしたヒット作が続いて、『この世界の片隅に』もひょっとして同じ流れで"来る”のかな?と見ていたら、ホントにそうなりました。

真木:昨日もある人と話していて、あとで振り返って「○○元年」になるのではと話してたんだよね。ひとつは作家性がヒットを生んだ元年。庵野さんも元々はアニメ系、新海さんはインディペンデントでアニメをやってきた。片渕監督(『この世界の片隅に』の片渕須直監督)も含めて、強い作家性を持つ監督の作品が立て続けに話題になった。もうひとつは映画でのソーシャル元年。はからずも作家性の強い三人が口コミ、アナログの口コミも含めてぜんぶソーシャルメディアで括っていいと思うんだけど、その口コミに支えられたという共通点があるでしょう?

---そういう声が広がるようになったんですね。人びとの声が興行を大きく動かすようになった。

真木:『この世界の片隅に』と他の二作とは、ヒットの桁が違うから一緒に並べるのはおこがましいけど、そういう気がします。

---『この世界の片隅に』は、何をすることでヒットしたんでしょう?(ここから先は、登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

広告主はいま、メディアをどう考えているのか?〜日本アドバタイザーズ協会・常務理事 小出誠氏に聞く〜

2019年03月号

「さよならテレビ」はテレビの何にさよならしたのか〜東海テレビ・圡方宏史氏インタビュー(後編)〜

2018年11月号

「さよならテレビ」はなぜテレビをさらけだしたのか〜東海テレビ・圡方宏史氏インタビュー(前編)〜

2018年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...