テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年07月号

記事タイトル一覧

面白い動画をつくればたくさんの人が見るはずだ、という大きな誤解〜”バイラル”の終焉〜

記事テーマ:論考記事

7月12日の記事「テレビCM制作2位と3位の経営統合には、映像業界の課題が集約されている」は、地味な記事のつもりで書いたのだが意外に多くの人に読んでもらえたようだ。そこで、その時気になっていたことを、続編記事として書いておきたい。CM制作大手である、AO...

sakaiosamu sakaiosamu

注目を集めるAbemaTV 〜 順調な成長の鍵はコミュニケーションにある?!〜

記事テーマ:論考記事

先週末、7月16日発売の『週刊東洋経済』で、動画配信が特集されていた。表紙を飾る第一特集ではなく「特別レポート」の記事としてなので、そんなに大きな扱いではないが、8ページを割いた濃厚な内容だった。ただ、取りあげたのはほとんどAbemaTV。その紹介に、概...

sakaiosamu sakaiosamu

テレビCM制作2位と3位の経営統合には、映像業界の課題が集約されている

記事テーマ:解説記事

7月11日、筆者はあるニュースに衝撃を受けた。⇒テレビCM制作2、3位統合 AOIプロとTYO 業界首位に(日本経済新聞 7月11日14:00)筆者はもともと広告制作に従事してきたし、一時期は映像製作会社に在籍していた。広告制作業界の視点で見るとこのニュ...

sakaiosamu sakaiosamu

C CHANNELは動く女性誌であり、雄弁な広告媒体である〜山崎ひとみ編集長に聞く動画マガジンの魅力〜

記事テーマ:サービス取材

C CHANNELを知っているかと聞かれればほとんどの人はYesと答えるだろう。元LINE社長の森川亮氏が設立した動画メディアで、女性向けにおしゃれな動画を配信している。タテ型動画が特長だ。その程度までは多くの読者がすらすら答えるだろう。だがその実体、と...

sakaiosamu sakaiosamu

バックナンバー(もっと見る)

2016年06月号

LINE LIVE、AbemaTVが注目を浴びているが、新しい映像配信サー...

2016年05月号

AbemaTVが面白い。LINE LIVEも好調のようだ。前者はテレビをめ...

2016年04月号

TVerに代表されるテレビ局の番組配信はもう当たり前になり、SVOD事業者...