テレビとネットの横断業界誌 Media Border 読者コミュニティ

mikio-tsukamoto
mikio-tsukamoto

一般公開 「ローカル局炭焼き小屋論」BSの時、TVODの時と何度となく上がってきた(ケーブルの越境はちょっと事情が違うのでここでは触れないけど)。その都度「トラヒックで比較すると問題にならない」と説得してきたが、放送同時配信も同じ理屈。何年も前から議論になってたのだから、個人的には何を今更とおもってしまう。放送での視聴を確保する観点なら同じ船に乗っているのだから、キー局が系列を見放す訳がない。
でも、作られた番組を地域で流すポータルのままでは、アリ一匹でも恐ろしいのだろう。黒船の大砲一発でアタフタするくらいだったら、欧米列強に挑んで敗れた後逆に近代化を果たした薩長のように、ローカル局自身が、キー局もビックリするくらいの構造転換を図ってはどうか?内部留保のある今こそ一大好機だと思うが。

返信コメント(0)

suzuki-toru

suzuki-toru

境さんと塚本さんという大家を前にいちローカル局員が申しあげるのもなんですけど・・・・(笑)
キー局のTverの動きは、最初は実験、次はリアルタイム視聴への回帰、いまはTver上での広告ビジネスの成立、さらに同時配信へと、本質的な議論のないまま、理論をすり替え、なしくずしで進んでいるというのがいちローカル局員からの感想です。
Tverがあることによってなんとかスマホやネット上でテレビが存在感を示せることは意義のあることです。Tverだけでもあってよかったというのがテレビ業界の総論でしょう。
ただTverの配信CMを静岡のユーザーが見てもテレビ静岡には何も見返りはありません。サーバ負担もしてませんが宣伝は強いられます。P+C7も始まり、ローカル局的には録画機のタイムシフトで見てもらった方が在庫GRPが増えるという点では、すでに各論ではTverは痛しかゆしです。
キー局がローカル局を見放さないどころか、GAFAとの競争で自分たちのことで手一杯に思えます。
常時同時配信がTverのテレビアプリ上で始まれば、UIは音声検索やレコメンド機能などGAFAのものと競うために、どんどん洗練され、リモコンでボタンを押すという今はシンプルで分かりやすいインターフェイスも古びたものになるでしょう。本丸のテレビ受像機もTverに押されていくでしょう。ただそうしないとGAFAに可処分時間を持っていかれるだけでしょうけど。
ローカル局の内部留保ですが、県域局にとっては放送という設備投資をささえるだけに存在しうるようなものです。
鉄道・航空会社などのインフラ業と同じく、多くの方が利用してくれているうちは、利益が積み上がりますが、逆にふれたとたんに、設備維持が重くのしかかり、負のスパイラルに落ちいります。新型コロナ禍で顕著になったかと・・・
配信(通信)というインフラを借りた方が安いとキー局が考えれば、放送というインフラの方が伝達効率が悪い地域(市場の小さな県域エリアや山間部・離島地域)は切り捨てていくと思います。
キー局が常時同時配信を始めるなら、放送とは何か、今の放送設備をどうするのか、地上4Kは本気でやるの?ローカル局をどこまで面倒見る気があるのか、ないのか、そのあたりもセットで議論していただきたいところです。
インターネットにメディアとして押されていなくても、人口減少でいずれは放送局も地方金融機関、地方の病院、地方大学のように適正な数で適正な規模にしないと維持できないでしょう。同時配信はいい機会ですから、ローカル局をどうするのか、どうすべきか、どうしたいのかという議論のスタートにすべきかと思います。
幕藩体制は地方分権構造でした。テレビのネットワークもそれぞれが独立した会社ですが、コンテンツは関西局でさえ70%、ローカル局は90%もキー局の供給に頼っています。
ここまで東京一極集中し、中央主権化が進んだ今の日本で、薩長など生まれませんよ。東京以外は地方交付金がないと、行政サービスさえ、提供できないのが現実です。行政含めてですが、地方にもう少し予算と裁量を与えてはと思います。人口減少の一因もそこにあるかと思います。長文駄文失礼しました。