テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年09月号

「規制改革推進会議」に関連する記事

第3次答申は2006年竹中懇の再現か?〜塚本幹夫が見つめた放送改革論議〜

Introduction本誌ではさんざん取り上げてきた「放送改革論議」。4条撤廃が浮上しない限り新聞記事にはもうなりそうにないが、論点が多々詰まった論議だったと思う。また放送...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年07月号

放送改革論議の誤解を解いて未来を目指す…「20XX年テレビの行く先 ~放送改革論議はどこへ向かうか?」レポート 〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第18回》〜

6月25日(月)に角川アスキー総合研究所主催のセミナーが開催されました。登壇は画像の4氏。モデレーターはもちろん境治氏です。この数カ月、停滞と混乱、そして収束といったプロセス...

  いいね!   sknsdys sknsdys from 2018年06月号

放送改革論議は終わったのではなく、はじまったばかりだ。

6月4日に規制改革推進会議の第3次答申が発表されたが、その後はとくに大きな動きもない。またこれに関する記事をときたま見かけるが「安倍首相は4条撤廃を諦めていない」という論調の...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年06月号

結局は放送業界に宿題が課された〜規制改革推進会議第3次答申、発表〜

3月から4月にかけて主に新聞メディアで報道された「放送法改革騒動」。これまでここで伝えてきたように、4月16日に出てきた「放送を巡る規制改革について」の書面には、放送法4条撤...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年06月号

放送改革論議に、「人びと」の視点はあるか?

※テレビ放送は我々の日常にすっかり溶け込んでいるが・・・暴走する官邸、傍観する総務省先月もこってり書いた「放送改革論議」だが、その後も情報収集を続けている。これまでも書いた通...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年05月号

文研フォーラム2018「これからの “放送” はどこに向かうのか? ~民放連会長にきく~」を詳報〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第14回》〜

3月7日から9日まで、今年もNHK放送文化研究所主催の「文研フォーラム」が開催されました。3日間で7つのプログラムに渡って「テレビの未来」についての議論が繰り広げられました。...

  いいね!   sknsdys sknsdys from 2018年03月号

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...

2019年06月号

メディアの世界では、令和の夏が早くも熱くなろうとしている。大きな転換点を迎...