テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年07月号

サービス取材

指標を共通化することで、メディアの価値は高まる〜デジタルコンテンツ視聴率についてニールセンデジタル・宮本社長に聞く〜

※ニールセンDCRプレゼン資料より7月2日、こんな見出しがメディア界のニュースとして人びとの間を駆け巡った。「ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率を日本で提供開始」」筆者は「...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu

他の号の記事

テレビCMのオンライン送稿、10年前からの課題がようやく具体化しはじめた

※Group IMD社プレゼン資料よりテレビCMは制作されたあと、オンエアされるまでどんなプロセスを経るか。意外にみなさん知らないと思う。そもそもそんなことに興味もないのが普...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年03月号

Paraviは動画配信サービスを超えるか?〜4月のサービス開始に向けてPPJに取材した〜

※画像はParavi公式サイトより12月25日付けの本誌で、PPJ(株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン)が新サービス「Paravi」を4月にスタートさせると発表し...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2018年01月号

C CHANNELは動く女性誌であり、雄弁な広告媒体である〜山崎ひとみ編集長に聞く動画マガジンの魅力〜

C CHANNELを知っているかと聞かれればほとんどの人はYesと答えるだろう。元LINE社長の森川亮氏が設立した動画メディアで、女性向けにおしゃれな動画を配信している。タテ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年07月号

ネット映像サービスは、新しいスポーツを育てていけるか?〜「スポナビライブ」に込められた熱い想い〜

SVODサービスの話題が去年から業界を賑わせた一方で、今年のトレンドに上がりつつあるのがスポーツのライブ配信サービスだ。すでにhuluは巨人戦をPC向けに配信しているが、スポ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年06月号

みんなに愛されたい!その思いが結実したガラポンTV伍号機〜保田歩社長は熱く語る〜

MediaBorder読者なら、ガラポンTVの概要はご存知と思う。簡単に言うと、ワンセグ全録をリモート視聴するシステムだ。黒い筐体のハードを買うと、ソフトウェアとともにシステ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年05月号

動画配信は、マーケティングの段階に入った〜Adobeの動画配信プラットフォームPrimetimeについて聞いてみた〜

Adobeというと、PhotoshopやIllustrator、Premiere Proなどクリエイティブ制作アプリケーションのブランドとして知っている人は多いだろう。そのA...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年04月号

LINE LIVEはテレビのようで、テレビではない?〜LINE株式会社の運営チームに聞いてみた〜

※LINE LIVE PCページのトップページ画像より「ライブ配信」という形態への注目が、いま再び高まっている。2010年のUstreamブームがあり、一方でニコニコ動画の「...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年04月号

ライブ配信とは、コミュニケーションだ!〜ツイキャスの運営会社モイを取材した〜

「ツイキャス」というサービスを知っているだろうか。MediaBorderでも年明けの2016年予測記事で少しだけとりあげたが、ライブ配信サービスのひとつだ。→MediaBor...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2016年01月号

テレビから自在に時代をとり出すシステム〜ガラポンTV×MetaTV連携サービス〜

テレビが毎日送り出しているのは、時代そのものだと言える。ニュース番組のみならず、あらゆる情報番組で、あるいはバラエティ番組のネタとして、その時々の人びとのもっとも関心を集める...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年09月号

ソーシャルテレビ分析ツールTV Insightで人気番組のツイートを見てみた!

ソーシャルメディアを活用したサービスで知られるデータセクション株式会社は、7月6日に「TV insight」の提供を開始したことを発表した。「テレビとソーシャルの融合を加速さ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2015年08月号

バックナンバー(もっと見る)

2019年05月号

ついに来た令和の時代。平成から続くものにもリニューアルが求められそうだ。果...

2019年04月号

新しい元号が発表され、この国は新しい時代に突入する。メディアも、それに合わ...

2019年03月号

春はもうすぐだ。ただこれから来る春は、新しい春のようだ。これまでと違う柔ら...