テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年07月号

寄稿記事

第3次答申は2006年竹中懇の再現か?〜塚本幹夫が見つめた放送改革論議〜

Introduction本誌ではさんざん取り上げてきた「放送改革論議」。4条撤廃が浮上しない限り新聞記事にはもうなりそうにないが、論点が多々詰まった論議だったと思う。また放送...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu

愛と幻想の配信イズム 〜山本英治氏寄稿記事〜

Introductionこれから、MediaBorderでは読者からの寄稿を積極的に採り上げていきたい。そう呼びかけたらさっそく、毎日放送の山本英治氏が原稿を寄せてくださった...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu

他の号の記事

テレビ局役員人事に見る、ダイバーシティの未熟度

Introductionキー局の決算発表と同時に役員人事も発表された。今年はやはり女性登用がどれくらい進んだかが気になるところだ。男社会と言われるテレビ局だがダイバーシティも...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年05月号

紙媒体はいつまで世帯で語るのか ~続・続・視聴率という厄介な代物〜山本英治氏寄稿

Introduction山本英治氏からの寄稿。「視聴率という厄介な代物」の続々編だ。記事の最後に、前の記事のリンクを貼っておくが、独立した記事として十分面白いのでまずはお読み...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年05月号

著作権法改正で同時配信の手続きは本当に楽になるのか〜塚本幹夫氏寄稿〜

Introduction3月初め、著作権法の改正が閣議で決定され、ネット登録者数の権利処理が簡略化されると報じられた。だが実際のところどれくらい手続きが楽になるのか?その後の...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年04月号

新しい時代〜山本英治氏寄稿〜

Introduction山本英治氏からの寄稿。テレビとネットの間で仕事してきたベテランの視点で、「時代の変わり目」を語ってくれたもの。面白いので、じっくり読んでいただきたい。...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年03月号

都会のテレビ制作者の苦境と地方の衰退、二つの課題を解く鍵「大山モデル」:後編〜脇浜紀子氏寄稿〜

※トップ画像:大山オフィスを率いる総合プロデューサー貝本正紀さんIntroduction京都産業大学教授、脇浜紀子氏による鳥取県大山(だいせん)町の大山チャンネルへの取材レポ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年03月号

都会のテレビ制作者の苦境と地方の衰退、二つの課題を解く鍵「大山モデル」:前編〜脇浜紀子氏寄稿〜

※大山チャンネルのオフィスの入り口を飾るパネルIntroduction京都産業大学教授、脇浜紀子氏とはFacebookで繋がっているのだが、鳥取県の大山(だいせん)町でケーブ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年03月号

携帯各社の値下げによる可処分所得のイス取りゲームがはじまるか!?〜深田航志氏寄稿記事〜

Introduction深田航志氏から寄稿記事が届いた。今回は社会と経済の動向も踏まえてSVODサービスの今後を語っている。遠藤諭氏へのオマージュでもあるというのは、最後まで...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2021年02月号

文化庁が同時配信を放送と同等扱いに!急展開の背景にあるもの〜塚本幹夫氏寄稿〜

Introduction11月30日に、文化庁が同時配信についての権利処理を放送と同等に扱う新方針を出したと報じられた。これまであれだけかたくなな態度だった文化庁が急に方向転...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年12月号

ネットワーク協定という厄介な代物〜山本英治氏寄稿〜

Introduction山本英治氏から久しぶりに寄稿していただいた。11月号の記事で「鬼滅の刃」がローカル20局での一挙放送から火がついたことを取り上げたところ、読者コミュニ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年12月号

「前田新会長の流儀が前面に出たな」8月4日に発表された、NHKの新3カ年計画を読んで目を丸くした〜塚本幹夫氏寄稿〜

※NHK経営計画(案)概要よりIntroductionNHKの経営計画案が公開された。各新聞がこれを一斉に報じたが、チャンネル削減や経費縮小を取り上げた肥大化牽制が見え見えの...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年08月号

ローカル局営業に使える!属性別視聴データ「インテージAREA TV」について

Introduction株式会社インテージに所属する深田航志氏からの寄稿記事。インテージの視聴ログに視聴者属性を紐づけることで、属性別の個人視聴データがまとまった数で提供され...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年07月号

続・視聴率という厄介な代物

イラスト:イラストやIntroductionMediaBorder2019年6月号に「視聴率という厄介な代物」という文章を寄稿してくださった毎日放送の山本英治氏。その一年後に...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年07月号

流通×視聴データ×エリアマーケ~テレビCMの効果を見える化してみる~山田有吉氏寄稿〜

Introduction中京テレビの山田有吉氏から興味深いレポートが届いたのでご紹介したい。ビジネス推進に所属しつつ営業推進の役割も担う山田氏は、視聴データの分析から広告効果...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年06月号

アフターコロナ、放送を守る壁を撤廃せよ〜塚本幹夫氏寄稿〜

Introduction緊急事態が解除され、日本中が平常運転へ動き出した。ただ、何もかもが元通りになるわけではなさそうだ。今後放送業界のプレイヤーは大きな変化を自ら起こしてい...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年06月号

アフターコロナ時代における民放地方テレビ局の役割:移動した視聴者を手がかりに(橋本純次氏寄稿)

※画像は橋本氏の論文よりIntroductionMediaBorder購読者の一人であり、社会情報大学院大学でローカル局について研究している橋本純次氏に寄稿をお願いした。同氏...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2020年05月号

日本の放送や配信事業の将来がやばくね!?と思い、「NHKのインターネット業務に対する総務省の考え方」に対してパブリックコメントを提出してみた

Introduction年度内にスタートすると言われていたNHKの常時同時配信。進めていたはずの総務省から待ったがかかり「考え方」を投げかけた。これに対しNHKは予算の大幅縮...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2019年12月号

テレビの世界の未来が見えてくる!?“ヤフーとLINEの経営統合”について〜深田航志氏寄稿記事〜

Introduction深田航志氏から寄稿記事が届いた。前回の寄稿は今年6月の、CONNECTED MEDIA TOKYOのレポートだったが、今回はヤフーとLINEの経営統合...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2019年11月号

事件への対応〜テレビは神経質になりすぎていないか〜(山本英治氏寄稿記事)

Introduction毎日放送の社員でTwitter上では「ほなね爺」の名で知られる山本英治氏による久々の寄稿。前回は「視聴率という厄介な代物」だったが今回はタイムリーなテ...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2019年11月号

関西発ネットニュースに可能性はあるか 「まいどなニュース」を勝手考察

※「まいどなニュース」画面Introduction弁護士ドットコムニュース編集長の新志有裕氏による隔月連載。今回は、地域メディアについて書いてもらった。ニュースを発信するほと...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2019年10月号

NHKネット展開の究極アイデア、コンテンツを誰でも使える「オープンデータ」にしたらどうなる?〜〜新志有裕氏隔月連載〜

技研のロゴの色合いがクールで好きですIntroduction弁護士ドットコムニュース編集長の新志有裕氏による隔月連載。前回はNHK受信料についてだったが、今回もNHKが題材。...

  いいね!   sakaiosamu sakaiosamu from 2019年08月号

バックナンバー(もっと見る)

2021年06月号

梅雨になったのかならないのかさえはっきりしない空模様が続く。コロナ禍も緊急...

2021年05月号

緊急事態宣言は5月11日以降も延長される。人びとは連休中もどこへも行けず、...

2021年04月号

春は来た。すでに桜は散り始めたが、コロナは居座り続けている。メディアの世界...