テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年09月号

【速報】レンタルDVDのゲオ、VODサービス「ゲオチャンネル」を2016年2月スタート!〜エイベックスとの提携で戦国時代に打って出る〜

2015年09月15日 14:55 by sakaiosamu

レンタルDVDで知られるゲオは新たなVODサービス「ゲオチャンネル」を、来年2月よりスタートすることを本日発表した。これまでの店舗でのレンタルに加えて配信サービスも利用できる”ハイブリッドVOD”と称し、群雄割拠の様相を呈するVOD市場に打って出る。すでにdTVのブランドでドコモとともにVOD事業を手がけるエイベックスと提携し、そのノウハウを最大限に活かすとのこと。

ゲオはレンタル市場でTSUTAYAと市場を二分し、会員数1600万人を擁する。その会員をVODへ移行させることにも成功すれば、VODサービスとして一気に巨大なプレイヤーとなる可能性もある。すでに配信サービスをはじめているレンタル市場一位のTSUTAYAとともに、その動向が注目される。

「ゲオチャンネル」の料金は、月590円(税別)で配信コンテンツが見放題のVODサービスが基本。さらに月590円(税別)をプラスすれば店舗で旧作20本までレンタルできる。あるいは、やはり月590円(税別)をプラスして宅配で旧作8本までレンタルできる。つまり、月1180円でVODと店舗か郵送のレンタルDVDが利用可能。VODできるタイトルは限定的なので、映画やドラマが好きなユーザーには便利だろう。

この、配信に加えてDVDをレンタルできるサービスを、ゲオでは”ハイブリッドVOD"と呼ぶ。配信の見放題プランとレンタルを併用できるのはライバルのTSUTAYA TVが8月30日にリニューアルしたサービスと似ているが、TSUTAYA TVの場合は併せて使うと2,417円なので、「ゲオチャンネル」のほうが価格は断然安い。(ただし、TSUTAYA TVでは2点の新作レンタルができるなど細かなサービス内容が違うので自分の用途に応じた比較が必要だ。)

●ゲオという伏兵の参入で、ますます混とんとするVOD市場(ここからは登録読者のみ)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】民放キー局が同時配信の技術実証を合同で行うと発表!プラットフォームはTVer!

2018年09月号

TVerが進化した。テレビが進化した。〜【速報】TVerリニューアル&ダウンロード数850万突破!〜

2017年08月号

【速報】日本の広告費2016発表!地上波テレビは1兆8347億円(前年比101.6%)ネット広告は1兆3100億円(同113.0%)

2017年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号

新型コロナウイルスはおさまるどころか世界を混沌に陥れている。こんな時だから...

2020年03月号

新型コロナウイルスに対し、メディアは何かできているだろうか。ともすると、い...