テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年09月号

【速報】Apple TV発表!SiriとApp storeを搭載へ。映像配信関係の新サービスはなし!

2015年09月10日 04:38 by sakaiosamu

日本時間9月10日午前2時、Apple Eventが開催され、新製品を発表した。今回はニュースが多いと噂され、とくにAppleTVの新しい製品が出るとの情報が事前に出ていた。私も頑張ってライブ中継を視聴したので、ここでレポートしたい。

Apple Watchの新バージョンやiPadPro、そしてもちろんiPhone6sなども発表されたが、ここではAppleTVに絞ってお伝えする。

AppleTVの発表の番になったら、ティム・クックがこのようなスライドを見せながらプレゼンテーションをはじめた。 

Powerful hardware、つまりこれまでのAppleTVよりずっとハイスペックのハードが登場する、ということ。ModernOS、これはあらかじめiOSを搭載すると噂になっていたが、iOSをもとに開発した「tvOS」を使っていると説明があった。

New user experience、これが今回最大のポイントかもしれない。リモコンが新しくなり、これまでの十字キーに代わってスワイプなどができるタッチ操作になる。さらにマイクのアイコンがついている。これを押すとSiriで操作できるのだ。

テレビ画面を撮影した写真は問題あるのだと思うが、わかりやすいので使ってしまう。

デモが行われ、例えばNetflix、hulu、iTunesの中から特定の映画を選び出してくれとオーダーしたり、○○○な映画が観たいと言うと探し出してきたりしていた。

中でも驚いたのは、ある映画を見ながら「エドワード・ノートンがカメオ出演している場面!」とオーダーしたら奇妙な格好でギターを弾くエドワード・ノートンが出てきたこと。これはシーンごとにメタデータを仕込まないとできないはずだ。そんな大変なことやったのだろうか。詳細を知りたいところだ。

App storeが加わり、様々なアプリがテレビで楽しめるようになる。いろんなアプリがあって、ゲームがいくつか紹介された。面白い気もするが、日本ではスマホでのゲームが異様に発達しているのでどうだろうか。

新たな映像配信サービスをはじめるという噂も出ていたが、それはなかったようだ。ちょっと拍子抜けだった。

結局、これまでのAppleTVとの違いはSiriとApp storeがついたこと。本誌Media Borderとして気になるテレビとネットの融合に関わる新機軸はなかったといえばなかった。

価格は149$(32GB)と199$(64GB)でハードディスク容量で違うのは、App storeがついたからだ。よりiPhoneに近づいた気がする。発売は10月下旬と出たが、日本での発売は具体的には言及されていない。

さて映像配信サービスの新発表がなかったので、新鮮さがない発表だったことになるだろうか。いや、こと日本の映像配信を考える上で、考えておきたいポイントがある。

●やっぱりAppleTVの新製品発表は、日本で意義深いかもしれない(ここからは登録読者のみ)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】民放キー局が同時配信の技術実証を合同で行うと発表!プラットフォームはTVer!

2018年09月号

TVerが進化した。テレビが進化した。〜【速報】TVerリニューアル&ダウンロード数850万突破!〜

2017年08月号

【速報】日本の広告費2016発表!地上波テレビは1兆8347億円(前年比101.6%)ネット広告は1兆3100億円(同113.0%)

2017年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号

新型コロナウイルスはおさまるどころか世界を混沌に陥れている。こんな時だから...

2020年03月号

新型コロナウイルスに対し、メディアは何かできているだろうか。ともすると、い...