テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年07月号

多様なデータが、テレビの価値も多様にする。〜新世紀テレビ大学から何を学べたか・その1〜

2015年07月14日 15:26 by sakaiosamu

7月10日、新橋ラーニングスクエアにて、カンファレンスイベント「新世紀テレビ大学・TVデータ最前線」が開催され200名を越える来場者で盛り上がった。TVメタデータで知られる株式会社エム・データが初めて主催したイベントで、テレビ局・広告代理店から調査・マーケティング事業者、IT業界など幅広い分野から参加があった。

プログラム概要は以下の通り

14:00 開場 14:30 スタート
●オープニング ● 14:30-15:15
  エム・データとTV Rankのご紹介
  薄井司(株式会社エム・データ 取締役)
  梅田仁(ライフログ総合研究所 所長)
  TVメタデータの概要とTVメタデータをベースにした
  マーケティングダッシュボード「TV Rank」を
  今秋のローンチ前に初公開
● 第一部 ● 15:15-16:00
 ・マスとデジタルを繋ぐ次世代マーケティング
  ~マス・リアル・デジタルの統合型データ活用~
  横山隆治氏(株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役)
 ・新視聴率測定システムSMARTから探るテレビの価値
  福羽泰紀氏(株式会社スイッチ・メディア・ラボ 代表取締役)
 ・ショートディスカッション 横山隆治氏×福羽泰紀氏
---- 休憩 (15分)----
● 第二部 ● 17:00-18:30
 ・VODディスカッション「コンテンツとの幸福な出会い」
  船越雅史氏(HJホールディングス社・社長)
  村本理恵子氏(エイベックスデジタル・常務)
  モデレーター:境 治(エムデータ・顧問研究員)

実はこのイベントは私がエムデータ社顧問として企画から関わり、当日はMCとして登壇したものだ。そこでMediaBorderとして、それぞれのセッションの要点を考察しておきたい。

まずは第一部、メディアとしてのテレビに新たな価値をもたらすデータ分析についてのセッションを見てみよう。

参考に、第一部の実況をまとめたTogetterサイトを紹介しておこう。併せて見てもらうとわかりやすいと思う。

●新世紀テレビ大学「TVデータ最前線」第一部実況まとめ
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これからのテレビ局のあるべき位置が見えてきた?〜INTER BEE CONNECTEDセッションより〜

2020年11月号 vol.66

映画「はりぼて」に込められた後発局の忸怩たる思い

2020年09月号

イベントレポート・ウェビナー「地上波の知らないケーブルテレビ」

2020年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年11月号 vol.66

日本ではコロナ禍も弱まってきた。徐々に街に人が戻り、ビジネスも活気を取り戻...

2020年10月号

コロナ禍はまだまだ続き、メディアの苦難も終わらない。やって来た秋が静かに深...

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...