テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2015年07月号

ハロイド社長・安藤聖泰氏インタビュー(前編) 「すべてのテレビ番組を参加型にしたい!」

2015年07月08日 18:50 by sakaiosamu

日本テレビのデジタルチームを率いてきた安藤聖泰氏が、同社とバスキュール社との合弁で設立された株式会社HAROiDの代表取締役社長に就任した。新会社のWEBサイトには挨拶として設立の趣旨などは書かれているものの、どういう経緯で設立したのか、具体的に何をするのかなどはやや曖昧だ。そしてある意味、テレビのソーシャル化の最前線を切り開いてきた安藤氏が、どんな思いで新会社を設立したのかも興味津々だ。Media Borderではさっそくこってりインタビューしてみた。安藤氏の言葉をできるだけそのまま、ここで皆さんにお届けしよう。長い記事になったので、二回に分けた記事になる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

テレビ局のダイバーシティは番組の多様性にもつながるはずだ〜民放労連の女性役員数調査の背景

2021年06月号

2月21日、集合せよ〜西田二郎氏に「未来のテレビを考える会」について聞く

2021年02月号

TVer社長、龍宝正峰氏インタビュー・後編〜コンテンツを伝えるルートを拡張する

2020年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年08月号

ゲリラ豪雨が突如ある地域を襲うように、メディアの天気は移ろってゆく。快晴と...

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...

2021年06月号

梅雨になったのかならないのかさえはっきりしない空模様が続く。コロナ禍も緊急...