テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2022年12月号

読者が選ぶ、2022年MediaBorder的10大ニュース

2022年12月05日 11:19 by sakaiosamu
2022年12月05日 11:19 by sakaiosamu

 

2022年も押し詰まってきた。振り返ると今年は大きなターニングポイントだった気がする。国際社会ではロシアによるウクライナ侵攻が世界を新しい方向に追い立てた。メディアの世界でもこれまでの変化がさらに進むと同時に、これまでとは違う変化も始まったように思う。特に感じたのは、この20年ほど旧来メディアを新興のネットメディアが攻めていたのが、そのネットメディアの側にも困難が押し寄せてきたことだ。もはやネットが革新の側でもなく、メディア全体が一斉に瓦解しかねない状況と言える。

そんな中、あらかじめ選んだ今年のトピックから10大ニュースのランキングを作ってみたい。投票するのは、MediaBorder購読者つまりあなただ。

こちらで選んだ10のトピックを並べてみよう。(各トピックの下はMediaBorderや別の媒体で書いた関連記事など)

・2021年のネット広告費、マスメディア広告費を超える

  テレビはネットの補完になった〜考察:日本の広告費2021〜((MediaBorder 2月25日)

・地上波テレビ局視聴率急減、放送収入大幅減

・Twitter買収、Meta(Facebook)大量解雇

これについては記事は書いてないが、連日ニュースに取り上げられた通りだ。

・Netflix初の会員減、Disney+も収益性に課題

・コネクテッドTVへの注目高まる

これについてはInterBEE でのこのセッションが参考になる。

・キー局同時配信揃って開始

・ABEMA、ワールドカップ全試合配信

これについてもInter BEEでのセッションを参考にしてもらいたい。

・インフォメーションヘルスが課題として浮上

・総務省会議「デジ放検」進行、公共放送WGも開始

・世界で人気の韓国ドラマに日本が学ぶ

このテーマもInter BEEに参考になるセッションがあった。


以上、順位とは関係なく並べた。ランキングは以下のページであなたが10大ニュースから3つを選び、それを集計する形で行う。ぜひ回答してほしい。また今年を振り返っての所感、ご意見を書く欄もあるのでそちらも書いてもらえればと思う。
12月16日(金)を締切にし、翌週のMediaBorderで結果を紹介する。皆さんで選んだランキングをお楽しみに!

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2022年、放送と通信の垣根は崩壊した

2022年12月号

2022年、メディアはABEMAだった〜メディア界10大ニュース・結果発表!〜

2022年12月号

2022年メディア界10大ニュース、途中経過報告

2022年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)