テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2022年01月号

ローカル局の主体性は失われていくだけなのか?

2022年01月28日 17:35 by sakaiosamu
2022年01月28日 17:35 by sakaiosamu

総務省「デジタル時代放送制度検討会」の本気

総務省による有識者会議「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会」が昨年11月にスタートした。MediaBorderでは岩井義和氏による議事録をお伝えしてきた。

NHK放送文化研究所の村上圭子氏が「文研ブログ」にこの3回の論点をわかりやすくまとめているので、こちらも参考になると思う。

前の「放送を巡る諸課題に関する検討会」は事実上NHKの同時配信について議論する場だったが、話が進まず何を議論しているのかわからない印象だった。それと比べると、総務省側の「意志」を感じる。何らかの結論へ会議を向かわせようと導いているように思える。その分、議論の行先をきちんと見据えておく必要もあるだろう。

第4回は初めて筆者も傍聴してみた。音声だけだと眠ってしまいそうなので躊躇していたのだが、Webexを利用した映像による会議だったので負担なく参加できた。

さて今回はこのようなプログラムだった。

総務省「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会(第4回)配付資料」より
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

同時配信のあるべき姿が見えてきた〜6/21ウェビナー「同時配信の議論を決着させる」のポイント

2022年06月号

最新の放送技術を見に行ったら、7年前から進んでなかった件について

2022年05月号

第3回では踏み込んだ議論に〜総務省「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会」

2022年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…