テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2021年05月号

紙媒体はいつまで世帯で語るのか ~続・続・視聴率という厄介な代物〜山本英治氏寄稿

2021年05月12日 09:33 by sakaiosamu

Introduction
山本英治氏からの寄稿。「視聴率という厄介な代物」の続々編だ。記事の最後に、前の記事のリンクを貼っておくが、独立した記事として十分面白いのでまずはお読みください。

 

書き手:毎日放送・山本英治

 

最近ネット上の記事を見ていて思うのですが、新聞社(スポーツ紙を含む)は一体いつまで番組平均世帯視聴率で番組を語る気なのでしょう?

実際に番組を作って送り出している放送局側は、まあ、地方によって局によって濃淡はあるでしょうが、次第に番組平均世帯視聴率から各種の個人視聴率にシフトしつつあります。

私が言いたいのは、テレビ局がそうしているのだから、記事を書く紙媒体もそれに従えというようなことではありません。

調査の世界では、個人財か世帯財かという区別は大きなポイントとなります。

つまり、「あなたのおうちには自動車がありますか?」と訊くのか、「あなたは自分の自動車を持っていますか?」と訊くのかで所有率の数値は大きく変わってしまいます。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

仮面ライダーの思い出(にかこつけて)〜山本英治氏寄稿〜

2021年10月号

検証:各総裁候補の放送業界への態度は?

2021年09月号

テレビ局役員人事に見る、ダイバーシティの未熟度

2021年05月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年01月号

2022年、メディアはゼロに戻ったと考えるべき時だ。その役割を、その対象を...

2021年12月号

メディアはいま、潤いを失いはじめている。もはや、枯れゆくだけなのか。それも...

2021年11月号

衆議院議員選挙の結果は、数ではさほどこれまでと変わらないものだった。伝える...