テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2020年10月号

テレビ局がこれから狙うべき広告市場はどこか、という問題

2020年10月26日 15:12 by sakaiosamu

「テレビは販売促進費を狙え」論の大きな間違い

あるメディアに載っていた記事で「テレビ局が今後狙うべきは販売促進費の市場だ」という論を読んだ。広告のことがあまりわかっていない論者が書いたもののようでこれを鵜呑みにすると大変なことになるので、ここで解説しておきたい。

まず企業が消費者にアプローチし商品を買ってもらうためにはプロセスがある。古いモデルでは上の左側のように捉えられていた。私のような古株になるとAIDMAという考え方を教わったものだが、それと似たようなものだ。最初に知ってもらい(認知)、面白そうだなと思ってもらい(興味関心)、他と比べて具体的に考えてもらい(比較検討)、最後はお金を払って手に入れてもらう(購入)。マスメディアの時代はテレビと新聞雑誌を上のように役割づけており、最後は店頭にノボリを立てたりパンフでフォローしたりして買ってもらっていた。ファネルとはWEBマーケティングでよく使われてきたモデルで、AIDMAとほぼ同じ考え方だ。

最近は新聞雑誌が広告キャンペーンに組み込まれなくなってきた。そうすると上のファネルの真ん中部分、ミドルファネルが失われていると広告業界の一部では問題視していた。テレビで認知してもらってもミドルファネルで興味を持ってもらい具体的検討をしてもらうプロセスがなくなっており、そこにネット上でバナーを見せても押してくれるだろうか、との問題提起だ。ビールやカップラーメンなどはそもそもバナーを頑張らなくてもテレビCMで認知すればスーパーで買うかもしれない。だが買うまでにもう少し検討しないといけない商品は、CMとバナーだけで動くはずがないのだ。

販売促進費とはどんな予算かというと、ファネルでいうといちばん下の「購入」の部分だ。その市場は大きく16兆円とか20兆円とか言われるのは確かだし、大きな市場を狙うのは成長をめざす企業の基本だろう。だがことテレビ局は、少なくとも地上波テレビ局はここをめざすとえらい目に遭う。それはなぜか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

在阪局の放送収入から、放送業界のホントの状況が見えてきた

2021年12月号

何をしたいテレビ番組なのか、何をしたいテレビ局なのかが、これから問われる

2021年08月号

民放キー局決算から、見えつつある?勝ち組負け組

2021年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年01月号

2022年、メディアはゼロに戻ったと考えるべき時だ。その役割を、その対象を...

2021年12月号

メディアはいま、潤いを失いはじめている。もはや、枯れゆくだけなのか。それも...

2021年11月号

衆議院議員選挙の結果は、数ではさほどこれまでと変わらないものだった。伝える...