テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年11月号

テレビの世界の未来が見えてくる!?“ヤフーとLINEの経営統合”について〜深田航志氏寄稿記事〜

2019年11月25日 10:20 by sakaiosamu

Introduction
深田航志氏から寄稿記事が届いた。前回の寄稿は今年6月の、CONNECTED MEDIA TOKYOのレポートだったが、今回はヤフーとLINEの経営統合をインテージのデータを使って分析した内容だ。果たしてあのビッグな”結婚”はどんな価値を持つのか。データから見えることをまとめてくれている。ぜひお読みいただきたい。

書き手:深田航志(インテージ)

皆さんご存知の通り、ヤフーとLINEの経営統合が11月18日(月)に正式発表されました。

その後、各メディアから多くの記事がでました。(リンク記事をご参照下さい)

その多くは、GAFAに対抗して日本発の巨大プラットフォーム誕生に期待を寄せるものや、提携後の利用者についてのもの。例えば、ヤフーの利用者の中心は30代以上で、LINEは若年層の厚さが強みで伸びしろが大きいため、コンテンツのヤフーとコミュニケーションに強いLINEでは事業の重なりは少ない・・と言った内容です。

――――――――――――――――――――――――――――――記事内容(一部)

ヤフーとLINE(ライン)の経営統合を発表!株主や株価への影響はどうなる?

ヤフーとLINEの経営統合スキームは国内老若ユーザーの包囲網

ヤフー・LINE「経営統合ショック」が業界にもたらす巨大インパクト

ヤフーとLINEが経営統合したらどうなるのか解説します

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ただ、そうは言うものの、スマホとPCのインターネット利用者の重複を除いた両社の利用者人数は分からず、それぞれの利用人数を単純に合わせた数を載せている記事もあった。

そこで、今回、パネル型のインターネット視聴率ではスマホとPCを同一パネルで見ることができる国内唯一のデータであるインテージ社の「デジタル統合視聴率」より、この利用者を視点にした経営統合効果を見ていきたいと思います。

※なお、スマホはiOS、AndroidOS両方のパネルデータとなります。

#1. ヤフー、LINE 各サービス利用状況

インターネット利用人口に占める、ヤフー、LINE(推定)利用者数は "ヤフー : 91.6%"、"LINE:75.6%" が利用するサービスです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

続・視聴率という厄介な代物

2020年07月号

流通×視聴データ×エリアマーケ~テレビCMの効果を見える化してみる~山田有吉氏寄稿〜

2020年06月号

アフターコロナ、放送を守る壁を撤廃せよ〜塚本幹夫氏寄稿〜

2020年06月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...