テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年06月号

日本最強のサブスク「NHK受信料」への批判を分類してみた〜新志有裕氏隔月連載〜

2019年06月25日 10:19 by sakaiosamu


これはどこで撮影したものでしょうか?

Introduction
弁護士ドットコムニュース編集長の新志有裕氏による隔月連載。今月は、ズバリNHK受信料をテーマに書いてくれた。弁護士ドットコムに寄せられた受信料についての相談をまとめてある。さらに新志氏からの問題提起もあるので、ぜひ読んで意見も出してもらいたい。


 

 

 

書き手:新志有裕(弁護士ドットコムニュース・編集長)

機会があるごとに、批判が噴出する「NHK受信料」をめぐる問題。2017年12月の最高裁判決によって、NHKの放送を受信できる設備を設置した者は、NHKと受信契約を締結しなければならないとする放送法64条1項を合憲とする司法判断が下されましたが、「NHKから国民を守る党」が今春の統一地方選で躍進するなど、国民の不満はくすぶり続けています。受信料については今後、インターネットへの常時同時配信が実現することで、再び議論になる可能性がありますが、そもそも現在、どんな批判があるのでしょうか。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

テレビ局役員人事に見る、ダイバーシティの未熟度

2021年05月号

紙媒体はいつまで世帯で語るのか ~続・続・視聴率という厄介な代物〜山本英治氏寄稿

2021年05月号

著作権法改正で同時配信の手続きは本当に楽になるのか〜塚本幹夫氏寄稿〜

2021年04月号

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号

コロナ禍はゆっくりピークアウトに向かうように見える。だが新種株などまったく...

2021年08月号

ゲリラ豪雨が突如ある地域を襲うように、メディアの天気は移ろってゆく。快晴と...

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...