テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年06月号

日本最強のサブスク「NHK受信料」への批判を分類してみた〜新志有裕氏隔月連載〜

2019年06月25日 10:19 by sakaiosamu
2019年06月25日 10:19 by sakaiosamu


これはどこで撮影したものでしょうか?

Introduction
弁護士ドットコムニュース編集長の新志有裕氏による隔月連載。今月は、ズバリNHK受信料をテーマに書いてくれた。弁護士ドットコムに寄せられた受信料についての相談をまとめてある。さらに新志氏からの問題提起もあるので、ぜひ読んで意見も出してもらいたい。


 

 

 

書き手:新志有裕(弁護士ドットコムニュース・編集長)

機会があるごとに、批判が噴出する「NHK受信料」をめぐる問題。2017年12月の最高裁判決によって、NHKの放送を受信できる設備を設置した者は、NHKと受信契約を締結しなければならないとする放送法64条1項を合憲とする司法判断が下されましたが、「NHKから国民を守る党」が今春の統一地方選で躍進するなど、国民の不満はくすぶり続けています。受信料については今後、インターネットへの常時同時配信が実現することで、再び議論になる可能性がありますが、そもそも現在、どんな批判があるのでしょうか。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「放送の地域性」の議論の行く末がちょっと不安になった、ある委員会について

2022年06月号

「テレビ離れ」という厄介な発想

2022年03月号

北京冬季五輪で話題に!サブチャンネルを使いこなすのは若者か中高年か?

2022年02月号

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネット…