テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年06月号

視聴率という厄介な代物〜山本英治氏寄稿記事〜

2019年06月17日 15:58 by sakaiosamu

 
イラスト:いらすとや

Introduction
毎日放送の社員でTwitter上では「ほなね爺」の名で知られる山本英治氏が寄稿してくださった。昨年7月の「愛と幻想の配信イズム」以来ほぼ一年ぶりだ。今回は、世帯視聴率と個人視聴率について。現場感あふれる視聴率の「実情」が過去から現在までよくわかる内容になっている。個人と世帯の議論がいかに古くて新しいものか。そしてどれほど”厄介”なものか。じっくり読んでもらいたい。

 

 

書き手:毎日放送・山本英治

私は放送局での長いサラリーマン生活のうちの 10年をテレビ編成局で過ごし、そのうちの 3年は視聴率調査を担当していました。そのせいで、昨今さまざまな書き手によってネット上で展開されている視聴率に関する考察があまりにいい加減に思えてイライラしてしまうことがあります。視聴率はお前らが俄勉強の知識で書けるほど浅いもんじゃないんだよ!と叫びたいくらい。

まあ、仕方ないですよね。大工さんだったら他人の家にお邪魔した際にも家の建付けが気になるだろうし、シェフだったらそこら辺の定食屋で飯食っても一言教えてやりたくなったりするもんでしょう。それとおんなじようなもんです。でも、素人には大工さんの技もシェフの工夫も解るはずがありません。それこそそんなことを言い出したらキリがないのです。

でもね、ちょっとこれだけはどうしても言っておきたいって思うことがあるんですよね。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「前田新会長の流儀が前面に出たな」8月4日に発表された、NHKの新3カ年計画を読んで目を丸くした〜塚本幹夫氏寄稿〜

2020年08月号

ローカル局営業に使える!属性別視聴データ「インテージAREA TV」について

2020年07月号

続・視聴率という厄介な代物

2020年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年11月号 vol.66

日本ではコロナ禍も弱まってきた。徐々に街に人が戻り、ビジネスも活気を取り戻...

2020年10月号

コロナ禍はまだまだ続き、メディアの苦難も終わらない。やって来た秋が静かに深...

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...