テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年04月号

平成で穴が空いたミドルファネルを、令和のメディアは埋められるか、という大問題

2019年04月03日 16:14 by sakaiosamu

新しい元号として「令和」が発表された。日本中が新しい時代を迎える前の熱気に包まれているようだ。元号が変わることがこの国の社会に与える影響の大きさ、リセット感の強さをあらためて思い知った。

メディアの世界も、ちょうどMediaBorderが年明け以降書いてきたように新しいパラダイムに向かい始めている。令和の時代を迎えることが、メディアにもリセットをもたらして生まれ変わる絶好のタイミングになりそうだ。元号が令和に切り替わることで、変わるべきだったことがはっきり新しい方向に押し出されるのだと思う。

平成の時代で起こったメディアの課題が、令和の世になる事で解決に向かうのではないか。今のメディアの課題の中でも、筆者がもっとも重要だと捉えているのが「ミドルファネルの喪失」だ。平成が失ってしまった最大のものかもしれない。

さてその、「ミドルファネルの喪失」とは何だろう?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

Videographerの時代〜新しい作り手が出てくる、新しい源流

2022年06月号

提言:「ニュース」というアプリをテレビ局が作るなら今のうちだと思う

2022年06月号

Netflixはなぜ立ち止まったのか〜コンテンツの洪水が始まっている

2022年05月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネ...

2022年03月号

東京の桜はもう満開。果たしてメディアは、再び世の中で返り咲くことができるの...