テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年02月号

今この瞬間、インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜こうとしている〜「2018年 日本の広告費」発表〜

2019年03月02日 10:41 by sakaiosamu

※電通発表の数値を地上波テレビ広告、新聞広告、インターネット広告費のみ抜き出して1985年から2018年までグラフ化

昨日、電通が「2018年 日本の広告費」を発表した。毎年この時期に発表してきたもので、広告業界でも注目される統計だ。特にメディア別に推計しているので、各メディアの状況が如実にわかる。

MediaBorderでも注目し、毎年記事にしてきた。昨年はいよいよネット広告がテレビ広告に迫っていることが如実に現れていたが、今年発表の2018年の数値は、「ネットがテレビに追いついた」ことがグラフにするとよくわかるだろう。

地上波テレビ広告費が1兆7848億円に対し、インターネット広告費は1兆7589億円なので、わずかにテレビがネットを上回っているとは言え、ほとんど同じ水準になったと言える。去年はテレビが約1兆8000億円だったがネットは約1兆5000億円だった。3千億円の差が200億円台に縮まっている。

ということは、今年テレビはネットに抜かれるのだ。今この瞬間にも、抜かれているのかもしれない。テレビ広告費はスポットの前年ダウンがまだしばらく続きそうだし、ネット広告の勢いが弱まる気配はない。

これをどう考えればいいのだろう。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2018年の映画興行データから何が読み取れるか?〜SNSの影響力とディズニーの支配力〜

2019年01月号

今年、日本で2つのプレイヤーがSVODをスタートする状況証拠について

2019年01月号

ローカル局の再編が、はばかることなく議論される時代になった〜自民小委員会第二次提言〜

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年03月号

春はもうすぐだ。ただこれから来る春は、新しい春のようだ。これまでと違う柔ら...

2019年01月号

メディアの世界では、昨年動き出した新しい流れが、いよいよ本格的にスタートし...

2018年12月号

メディアの進化が始まったように見える。だがそもそも、メディアの進化とは何な...