テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年02月号

今この瞬間、インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜こうとしている〜「2018年 日本の広告費」発表〜

2019年03月02日 10:41 by sakaiosamu

※電通発表の数値を地上波テレビ広告、新聞広告、インターネット広告費のみ抜き出して1985年から2018年までグラフ化

昨日、電通が「2018年 日本の広告費」を発表した。毎年この時期に発表してきたもので、広告業界でも注目される統計だ。特にメディア別に推計しているので、各メディアの状況が如実にわかる。

MediaBorderでも注目し、毎年記事にしてきた。昨年はいよいよネット広告がテレビ広告に迫っていることが如実に現れていたが、今年発表の2018年の数値は、「ネットがテレビに追いついた」ことがグラフにするとよくわかるだろう。

地上波テレビ広告費が1兆7848億円に対し、インターネット広告費は1兆7589億円なので、わずかにテレビがネットを上回っているとは言え、ほとんど同じ水準になったと言える。去年はテレビが約1兆8000億円だったがネットは約1兆5000億円だった。3千億円の差が200億円台に縮まっている。

ということは、今年テレビはネットに抜かれるのだ。今この瞬間にも、抜かれているのかもしれない。テレビ広告費はスポットの前年ダウンがまだしばらく続きそうだし、ネット広告の勢いが弱まる気配はない。

これをどう考えればいいのだろう。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

何をしたいテレビ番組なのか、何をしたいテレビ局なのかが、これから問われる

2021年08月号

民放キー局決算から、見えつつある?勝ち組負け組

2021年08月号

テレビ東京とWOWOWの長期戦略から考える、これからのテレビ局の生き残り方

2021年05月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号

コロナ禍はゆっくりピークアウトに向かうように見える。だが新種株などまったく...

2021年08月号

ゲリラ豪雨が突如ある地域を襲うように、メディアの天気は移ろってゆく。快晴と...

2021年07月号

いつまでも梅雨は明けず、いつまでもコロナ禍が続く。雨模様のメディア状況もこ...