テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2019年02月号

平成元年から指摘されてきた「放送離れ」、新卒採用状況に見るメディア環境の変化〜新志有裕氏・寄稿

2019年02月25日 10:16 by sakaiosamu

Introduction
弁護士ドットコムニュース編集長・新志有裕氏の隔月連載、今回は「平成の終わり」をモチーフにした記事。平成30年間の時代の変化を、メディア界の新卒採用を題材に論考している。思えば、本メディア運営者・境は昭和62年入社でキャリアはほぼイコール平成だった。新志氏はちょうど平成真ん中世代だと言う。平成の捉え方も、人により違う。あなたなりに振り返りつつ、この記事を読めば面白いだろう。


 

 

 

書き手:新志有裕(弁護士ドットコムニュース・編集長)

2019年2月19日の新聞協会報に掲載された2019年春の新聞・通信社入社予定者数の集計結果がツイッターで拡散され、このうち、産経新聞の入社予定者が記者1人、ビジネス職1人のたった2人しかいないことが話題になりました。産経新聞の関係者からは「ここまで厳しいとは」といった声も聞こえてきます。彼らは平成最後の新入社員となります。では、平成最初のマスメディアの新卒採用はどのような状況だったのでしょうか。創出版が毎年出している「マスコミ就職読本」のデータを参考にしながら振り返ります。 

●産経新聞の採用数、平成元年は96人、平成最後の今年は2人

「マスコミ就職読本 91年度版 新聞・出版編」(創出版)によると、産経新聞の1989年度の採用数は、記者職68人(うち女性8人)、業務職27人(うち女性4人)、技術職1人でした。1990年度は記者職70人(うち女性14人)、業務職33人(うち女性7人)、技術職1人で、2人しかいない現在との違いが際立っています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

アフターコロナ、放送を守る壁を撤廃せよ〜塚本幹夫氏寄稿〜

2020年06月号

アフターコロナ時代における民放地方テレビ局の役割:移動した視聴者を手がかりに(橋本純次氏寄稿)

2020年05月号

日本の放送や配信事業の将来がやばくね!?と思い、「NHKのインターネット業務に対する総務省の考え方」に対してパブリックコメントを提出してみた

2019年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...

2020年04月号

新型コロナウイルスはおさまるどころか世界を混沌に陥れている。こんな時だから...