テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年12月号

パーソナライズドの時代に、テレビの全国天気予報は要らない? 〜電通オープンラウンドテーブルで見えた「コンテキストの進化と課題」〜新志有裕氏・寄稿

2018年12月26日 09:58 by sakaiosamu

 

Introduction
弁護士ドットコムニュース編集長・新志有裕氏の隔月連載、今回は「コンテキスト」についての論考記事だ。先日、電通総研によるオープンな催しとして「オープンラウンドテーブル」が開催された。ゲストスピーカーとしてスマートニュースの藤村厚夫氏と、北海道テレビの社長を今年退任された樋泉実取締役相談役がプレゼンし、それを受けてこってりディスカッションする企画だ。今回の記事は、そこでの話を元にしたものだ。今後のメディアにとって重要なキーワードとなりそうな「コンテキスト」について、これを読んで読者の皆さんも考えを広げてもらえればと思う。

 

 

書き手:新志有裕(弁護士ドットコムニュース・編集長) 

電通総研で12月11日、フェローたちによる議論の総まとめとなるオープンラウンドテーブル「メディアは何のために存在しているのか? ソートリーダーとメディアの未来を考える」が開催されました。ミライテレビ推進会議の主宰者である境治さんを含め、電通総研フェローとゲストフェローが4時間にわたって、メディアについて語りました。 

すでに、詳細レポートはMarkeZineで公開されています(メディアの存在意義とは?コミュニティから広告まで徹底討論【電通総研オープンラウンドテーブル】)ので、議論の流れについては、こちらをご覧ください。今回の記事では、一連の議論の中で私が感じたことを中心にまとめました。

「Content is king」ではなく、「Context is king」の時代に

今回、2人のゲストフェローが基調発表をしたのですが、このうちの1人が、スマートニュースの藤村厚夫さんです。

藤村さんが問題提起したことの柱は、メディアの今後のシナリオとして、「コンテンツ」ではなく、コンテンツを取り巻く「コンテキスト」が王様になるということです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本最強のサブスク「NHK受信料」への批判を分類してみた〜新志有裕氏隔月連載〜

2019年06月号

視聴率という厄介な代物〜山本英治氏寄稿記事〜

2019年06月号

「ネットワーク中立性」は放送事業者とどう関係するのか?(その2・ゼロレーティングについて)

2019年05月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...

2019年06月号

メディアの世界では、令和の夏が早くも熱くなろうとしている。大きな転換点を迎...

2019年05月号

ついに来た令和の時代。平成から続くものにもリニューアルが求められそうだ。果...