テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年11月号

テレビはもう一度、社会にCONNECTされていく〜INTER BEE CONNECTED個人的レビュー〜

2018年11月19日 15:09 by sakaiosamu
2018年11月19日 15:09 by sakaiosamu

放送業界の祭典、InterBEEが先週、11月14日から16日まで開催され盛況に終わった。三日間の来場者は4万人を超え過去最高だったそうだ。

一部の読者はご存知と思うが、私、境治はここ数年INTER BEE CONNECTEDという特設コーナーの企画をお手伝いしている。CONNECTEDとはネットとの接続、ビジネスへのつながりを意味している。つまり、ネットなどで放送の新しいビジネスを開拓することをテーマにしている。展示だけでなく、毎日4コマずつのセッションが組まれて手前味噌ながら非常に充実した内容となった。この記事では、CONNECTEDの三日間を個人的に振り返り、幕張に行けなかった読者や、すべてを見ることができなかった方に紹介したい。ただし「個人的に」なのでごく一部の話でありまた私のかなり偏った視点で振り返ることはご了承いただきたい。ただ、これまでのINTER BEE CONNECTEDにも増して内容の濃い、また新しい動きが多々見られたことは強調しておく。

まずセッションの全体スケジュールはこんなところだ。それぞれの内容や登壇者はこのページでご確認を→INTERBEE CONNECTED公式ページ

■2010年代の若者は早く寝るのか?

初日の最初のコマは、昨年に続き電通メディアイノベーションラボの奥律哉氏のコーディネートで、電通&ビデオリサーチの混合チームによる「ソーシャル・シークエンス分析」の最新データが披露された。このセッションの概要は近いうちにInterBEE Magazineで公開するのでそちらをお待ちいただきたい。今年は、ソーシャル・シークエンス分析をさらにクラスターごとに分けて解析しているのが面白かった。

ただここで紹介したいのは、このデータだ。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

同時配信のあるべき姿が見えてきた〜6/21ウェビナー「同時配信の議論を決着させる」のポイント

2022年06月号

最新の放送技術を見に行ったら、7年前から進んでなかった件について

2022年05月号

ローカル局の主体性は失われていくだけなのか?

2022年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネット…