テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年11月号

テレビの価値は測り方と売り方で高められる〜インテージフォーラムより〜

2018年11月06日 11:00 by sakaiosamu


左からインテージ李相吉氏、アクセンチュア庄島辰大氏、日本テレビ巽直啓氏、インテージ深田航志氏

10月18日、赤坂インターコンチネンタルホテルでインテージフォーラムが開催された。調査会社としてはトップクラスのインテージ社が毎年、大勢の顧客を招待して様々なセッションを行う大きな催しだ。私はその中のY-01「テレビメディアのNEXT STAGEと求められる価値あるデータとは」と題したセッションを聴講した。前々から気になっていた日本テレビのASS(Advance Spot Sales)について話を聞きたかったからだ。

Y-01のセッションはそのASSのプレゼンテーションを中心に、テレビのこれまでとは違う価値付けをくっきりさせるものだった。この記事では、ASSの話をレポートしながら、そこに浮き上がるテレビの新しい価値について考えたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これからのテレビ局のあるべき位置が見えてきた?〜INTER BEE CONNECTEDセッションより〜

2020年11月号 vol.66

映画「はりぼて」に込められた後発局の忸怩たる思い

2020年09月号

イベントレポート・ウェビナー「地上波の知らないケーブルテレビ」

2020年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年01月号

もうヤバい!レガシーメディアは崩壊寸前の危機に陥っている。今までとはまった...

2020年12月号

コロナ禍がもたらした災厄はメディア界をも押しつぶそうとしている。このままメ...

2020年11月号 vol.66

日本ではコロナ禍も弱まってきた。徐々に街に人が戻り、ビジネスも活気を取り戻...