テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年03月号

文研フォーラム2018「これからの “放送” はどこに向かうのか? ~民放連会長にきく~」を詳報〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第14回》〜

2018年03月21日 06:31 by sknsdys
2018年03月21日 06:31 by sknsdys

 3月7日から9日まで、今年もNHK放送文化研究所主催の「文研フォーラム」が開催されました。3日間で7つのプログラムに渡って「テレビの未来」についての議論が繰り広げられました。その中から、本連載では「これからの “放送” はどこに向かうのか?~民放連会長にきく~」を詳しくレポートします。文研主任研究員・村上圭子氏による毎年恒例のこのセッション、昨年までは総務省の担当者を招き放送政策についてディスカッションしていましたが、今回村上氏と相対するのは井上弘・民放連会長。民放トップが放送の変化をどう認識し、どのような未来図を描いているのか-

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

AMラジオの明日はどっちだ〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第26回》〜

2019年03月号

ローカル局の多様な在り方を探る〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第25回》〜

2019年02月号

ローカル局の現在地とは〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第24回》〜

2019年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…

2022年06月号

梅雨の晴れ間のように、コロナ禍も少し落ち着いたように見える。だが終了したネット…