テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年02月号

活発化する総務省での議論を追う〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第13回》〜

2018年03月01日 09:26 by sknsdys

 境さんが書いているように、2月は総務省を舞台とした議論に進展がみられました。関係する会議を並べてみると、

  • 2月5日 「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた実証」事業報告会
  • 2月8日 「放送を巡る諸課題に関する検討会」衛星放送の未来像に関するワーキンググループ(第1回会合)
  • 2月15日 情報通信審議会 情報通信政策部会 放送コンテンツの製作・流通の促進等に関する検討委員会(第11回)(WG合同)
  • 2月20日 「放送を巡る諸課題に関する検討会」放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第2回)
  • 2月28日 「放送を巡る諸課題に関する検討会」放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第3回)

と、毎週のように開かれています。昨年末の拙稿でいみじくも「新たなフェーズに入った」と書いたその流れが、いっそう活発化していることがわかります。残念ながらすべてをフォローすることはできていませんが、傍聴できた会議について振り返ってみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「視聴者」はどこにいるのか?諸課題研レポート〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第22回》〜

2018年12月号

CEATEC JAPANセッションからピックアップ〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第21回》〜

2018年10月号

“データ分析”と放送改革議論の最前線から〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第20回》〜

2018年09月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

メディアの進化が始まったように見える。だがそもそも、メディアの進化とは何な...

2018年11月号

2018年も秋が深まりはじめた。どんよりして薄寒いように思える。だがこの重...

2018年10月号

メディアの変化は加速し、嵐のように迫っている。どんな嵐が起こるのか?嵐が去...