テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年02月号

「日本の広告費2017」から読みとれるのは、テレビがいよいよネット広告市場に乗り出すべきだということだ

2018年02月26日 11:24 by sakaiosamu

電通から「日本の広告費2017」が発表された。「2016年→2017年」の変化を見ると、テレビ広告費が1兆8,178億円で1.1%減、新聞広告費が5,147億円で5.3%減、インターネット広告費が1兆5,094億円で15.2%増となっている。(電通のカテゴリーではテレビ広告費=地上波に衛星メディア広告費=BS・CSを合わせたテレビメディア広告費というのもあるがここでは地上波に絞って話を進める)

これをグラフにするとこうなる。電通の公式データでわかる1985年から直近の数値までを折れ線グラフにしたものだ。

これを見ると今回発表された2017年のデータは、2009年のリーマンショック以降続いてきた傾向の延長線上そのままだとわかる。新聞広告がダダ下がりインターネット広告が急上昇し、テレビ広告は微増微減を繰り返している。とりたてて解説することもあまりなさそうだ。

だが、これを去年のグラフと見比べると、どうだろう。

何か感じるところはないだろうか。パッと見比べてはっきりわかるのは、テレビとネットの差がぐっと縮まったことだ。2016年のグラフでは、テレビとネットの差はまだそこそこあるように見える。ところが2017年のグラフを見ると、その差がほんのわずかに思えてくる。テレビ広告費がネット広告費に抜かれるのは、次の年(つまり2018年)ということはなくても、2019年なんじゃないかと危惧したくなる。

実際、去年「日本の広告費2016」が発表された時、筆者もいろいろシミュレーションしたが、どう増減率を設定しても2020年に抜かれると出た。この方面の識者のみなさんもほとんど「2020年」を可能性として言及していた。それが早まる可能性が出てきた。去年は2020年と予測されたことが、一年早く起こるかもしれなくなったのだ。

つまり今回のデータから、時計が早回しをはじめた、と言えるのではないか。だったらどうすべきなのだろう?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

放送改革論議に、「人びと」の視点はあるか?

2018年05月号

放送法を巡る諸課題に関する不思議な議論

2018年03月号

「テレビの公共性」一気に議論の主題になったキーワード〜2月20日諸課題検討会分科会を傍聴して

2018年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年05月号

メディアをめぐる話題は夏に向けて少しずつ熱くなってきそうだ。これまでとは違...

2018年04月号

桜前線が列島を早々と駆け抜けていく。メディアの春も、今年はあちこち早く来て...

2018年03月号

今年のメディアは具体的な動きがさまざまありそうだ。それはきっと、未来への春...